一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)18歳以上における現在の紙巻たばこと無煙たばこの州・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/22Vol. 64 / No. 19

MMWR64(19):532-536
State-Specific Prevalence of Current Cigarette Smoking and Smokeless Tobacco Use Among Adults Aged ≥18 Years — United States, 2011–2013

18歳以上における現在の紙巻たばこと無煙たばこの州別の喫煙率 ― アメリカ、2011~2013年

2011~2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemデータより、18歳以上の成人における紙巻たばこと無煙たばこの州別喫煙率とその変化について調査が行われた。紙巻たばこの喫煙率は2011年:11.0%(ユタ州)~29.0%(ケンタッキー州)、2013年:10.3%(ユタ州)~27.3%(ウェストバージニア州)であり、紙巻たばこの喫煙率は26の州で減少した。無煙たばこの使用率は2011年:1.4%(カリフォルニア州、ロードアイランド州)~9.8%(ワイオミング州)、2013年:1.5%(ワシントンDCおよびマサチューセッツ州)~9.4%(ウェストバージニア州)であり、相対的%変化(RPC)はルイジアナ、モンタナ、サウスカロライナおよびウェストバージニア州にて増加、また、オハイオ州とテネシー州では無煙たばこの利用率が低下していた。紙巻たばこと無煙たばこの併用使用率は2011年:2.0%(ネバダ州)~12.5%(ユタ州)、2013年:3.1%(バーモント州)~13.5%(アイダホ州)であり、RPCの有意な増加は5州(デラウエア州:100.0%、アイダホ州:57.0%、ネバダ州:155.0%、ニューメキシコ州:25.4%、ウェストバージニア州:31.3%)にて認められ、他の州では有意な変化は認められなかった。

References

  • National Cancer Institute. Smokeless tobacco and public health: a global perspective. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, CDC and National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2014. NIH Publication No. 14–7983. Available at <http://cancercontrol.cancer.gov/brp/tcrb/global-perspective/SmokelessTobaccoAndPublicHealth.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the surgeon general. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>.
  • CDC. Best Practices for comprehensive control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/pdfs/2014/comprehensive.pdf>.
  • McClave-Regan AK, Berkowitz J. Smokers who are also using smokeless tobacco products in the US: a national assessment of characteristics, behaviours and beliefs of ‘dual users.’ Tob Control 2011;20:239–42.
  • Delnevo CD, Wackowski OA, Giovenco DP, et al. Examining market trends in the United States smokeless tobacco use: 2005–2011. Tob Control 2014;23:107–12.
  • CDC. State Activities Tracking and Evaluation (STATE) System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://apps.nccd.cdc.gov/statesystem/default/default.aspx>.
  • Gorber SC, Schofield-Hurwitz S, Hardt J, Levasseur G, Tremblay M. The accuracy of self-reported smoking: a systematic review of the relationship between self-reported and cotinine-assessed smoking status. Nicotine Tob Res 2009;11:12–24.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF. Self-reported cigarette smoking vs. serum cotinine among U.S. adults. Nicotine Tob Res 2004;6:19–25.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Wireless substitution: early release of estimates from the National Health Interview Survey, January–June 2011. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless201112.pdf>.
  • Nelson DE, Holtzman D, Bolen J, Stanwyck CA, Mack KA. Reliability and validity of measures from the Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS). Social Prev Med 2001;46:S3–42.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ