一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)人道救援従事者におけるエボラウイルス病 ― ニュー・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/03Vol. 64 / No. 12

MMWR64(12):321-323
Ebola Virus Disease in a Humanitarian Aid Worker — New York City, October 2014

人道救援従事者におけるエボラウイルス病 ― ニューヨーク市、2014年10月

ニューヨーク市(NYC)の保健および精神衛生部門(DOHMH)は、2014年7月に地域および州のパートナーと協力し、エボラウイルス病(Ebola)患者対応のためのプロトコールを構築しており、これらのプロトコールには、症状の第1報の時点で患者をEbolaの治療、臨床検査、接触者の監視の準備がされた地域の病院へ安全に輸送する手順が含まれている。2014年10月23日に、NYC DOHMHは国境なき医師団(MSF)よりギニアでのEbola 患者の治療からNYCへ9日前に帰国した医師のひとりが発熱(口腔体温:37.9℃)したとの報告を受けた。その医師はその他の症状(嘔吐、下痢、咳、異常出血)はなかったが、疲労感が2日間あり、また、既定の裂け目のない個人用保護具を使用し、アメリカに帰国してからMSFのプロトコールに従って、1日2回の体温測定および症状の自己監視を実施していたことを報告した。医師の旅行/職歴および症状がEbolaと一致することから、DOHMHはNYCでのEbola患者治療に指定されている医療施設のBellevue Hospital Centerへの緊急輸送を手配した。DOHMHの検査室は患者の血液から核酸増幅検査を実施し、10月23日に予備的なEbolaウイルス陽性を報告し、この結果は10月24日にCDCで確定した。DOHMHは接触者に対する曝露開始時期を疲労の症状が発生した10月21日に設定し、患者に濃厚に接触した3人を特定した。接触者Aは患者世帯の一員で、接触者BとCは中等度の接触であった。接触者は症状を評価後、DOHMHからの指示で自宅待機し、口腔体温および症状の積極的な監視を受けた。3例とも21日間の監視期間を完遂し、Ebolaを示唆する兆候および症状は認めなかった。患者は、11月11日まで入院し、Ebolaウイルスの検査結果は陰性となった。さらにDOHMHは以下の3つの基準(直接的な患者治療の職責;患者病室への入室;汚染除去がされていない検査室検体の取り扱い)に基づき、医療従事者114人を積極的に監視した。114人全員が適切な個人保護具を使用し、CDCのガイダンスにより低リスク(またはリスクなし)に分類された。症状および1日2回の体温測定が21日間、毎日DOHMHへ電話により報告され、二次感染は認めなかった。NYCでは、患者を最初に同定後、42日間にわたりEbolaの症例は報告されていない。人的資源および資金の両面でEbolaの対応費用は高額で、DOHMH単独で430万ドルを費やしたが、Ebola患者の治療に関与した従事者の健康を有効に監視するための計画および訓練を含む準備活動は、Ebola伝播の予防に役立つと考えられる。

References

  • Benowitz I, Ackelsberg J, Balter SE, et al.; Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Surveillance and preparedness for Ebola virus disease — New York City, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:934–6.
  • Interim US. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • CDC. Case definition for Ebola virus disease (EVD). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/healthcare-us/evaluating-patients/case-definition.html>.
  • Chevalier MS, Chung W, Smith J, et al.; Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Ebola virus disease cluster in the United States—Dallas County, Texas, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1087–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ