一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)僻村地域におけるエボラアウトブレイクに対する迅速対・・・

MMWR抄訳

rss

2015/02/27Vol. 64 / No. 7

MMWR64(7):188-192
Rapid Response to Ebola Outbreaks in Remote Areas — Liberia, July–November 2014

僻村地域におけるエボラアウトブレイクに対する迅速対応 ― リベリア、2014年7月~11月

Liberia Ministry of Health and Social Welfare(MOHSW)は2014年8月よりCDC、WHOおよびその他の機関の支援を受け、僻村地域におけるエボラウイルス病(Ebola)アウトブレイクの体系的調査および対応を開始し、10月初めにはRapid Isolation and Treatment of Ebola(RITE)として郡の健康チーム(CHT)の活動を強化し、MOHSWの技術的および業務のアシスタンスを行っている。2014年7月6日~11月20日の間に僻村地域にて発生したEbolaアウトブレイクは15件(9カ国)であり、うち12件に関する調査が完了した。12件のアウトブレイクにおける症例数は計263例(確診例:155、可能性例:71、疑い例:37)であり、死亡例は190例(致死率:72%)であった。アウトブレイクあたりの症例数は22(4~64)例、発生した地域の人口は800(301~6,200)人であった。症例の年齢は32歳(15日齢~84歳)、144例(55%)が女性であった。12件のうち8件はモンロビア(リベリアの首都)、2件は近隣郡からの輸入例より発生し、症例との密接な接触(症例の介護や遺体との接触)により感染が拡大した。index症例の発症からCHTによる警告までの期間は33(0~58)日であり、10月1日以前(RITE戦略開始前)に発生した6件のアウトブレイクでは40日、10月1日以降の6件では25日(いずれも中央値)に短縮した。アウトブレイクの期間は43(7~97)日間、初期のアウトブレイクは53日、後期は25日間であった。隔離、治療された症例は初期:28%から後期:81%に増加し、確診例もRITEにより治療施設への搬送例および検体回収率の増加により44%から81%に増加した。また、死亡率は87%から50%に低下、2015年1月8日の時点で症例数の増加は認めていない。以上、RITEなど僻村地域におけるアウトブレイクへの対応の強化により、迅速かつ適切な対応が可能となり、感染拡大の抑制および死亡率の低下など転帰の改善が認められた。

References

  • Dixon MG, Schafer IJ. Ebola viral disease outbreak—West Africa, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:548–51.
  • Pillai SK, Nyenswah T, Rouse E, et al. Developing an incident management system to support Ebola response—Liberia, July–August 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:930–3.
  • Forrester JD, Hunter JC, Pillai SK, et al. Cluster of Ebola cases among Liberian and U.S. health care workers in an Ebola treatment unit and adjacent hospital—Liberia, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:925–9.
  • Summers A, Nyenswah TG, Montgomery JM, Neatherlin J, Tappero JW. Challenges in responding to the Ebola epidemic—four rural counties, Liberia, August–November 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1202–4.
  • Nyenswah T, Fahnbulleh M, Massaquoi M, et al. Ebola epidemic—Liberia, March–October 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1082–6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ