一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)電話およびウェブベース介入の利用者における禁煙 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/02Vol. 63 / Nos. 51 & 52

MMWR63(51 & 52):1217-1221
Tobacco Cessation Among Users of Telephone and Web-Based Interventions — Four States, 2011–2012

電話およびウェブベース介入の利用者における禁煙 ― 4州、2011~2012年

2005~2009年におけるアメリカでの喫煙による死亡者は年平均480,000名であり、癌による死亡者の10名のうち3名を占めた。禁煙は公衆衛生の重要な課題であり、すべての州で様々な禁煙サービスが提供され、電話によるカウンセリングサービスであるQuitlinesやウェブベースのサービスも96%の州で提供されている。今回、CDCは4州(アラバマ州、アリゾナ州、フロリダ州およびバーモント州)において、これらのサービスのユーザーを対象に禁煙の成功率について分析を行った。調査には2011年7月~2012年2月、4州にて電話またはウェブベースサービスを受ける16,332名が参加、うち7,901名が追跡調査を完了し、インフォームドコンセントの提出と禁煙の進行状況に関する報告がなかった2,508名を除いた5,393名を分析対象とした。電話サービスのみ(Tel群)は2,238名(女性60%、平均年齢47歳)、ウェブベースサービスのみ(Web群)は1,848名(女性61%、平均年齢40歳)が受け、1,307名(女性61%、平均年齢44歳)は両方のサービスを受けていた(Dual群)。人種/民族はTel群にて白人:74%、黒人:12%、ラテン系:7%、その他:6%、Web群ではそれぞれ86%、4%、7%、3%と白人が多く、Dual群でも75%、10%、9%、5%とTel群とほぼ同様であった。学歴に関してはWeb群およびDual群にてTel群に比べ高卒より上の学歴が多く認められた。平均喫煙期間はTel群、Web群、Dual 群にてそれぞれ17年、16年、17年、1日平均喫煙本数はそれぞれ19本、18本、19本と同等であった。7カ月間の追跡において、少なくとも30日間の禁煙に成功した人はDual群にてTel群の1.18倍、Web群の1.51倍であり、年齢、性別、人種/民族、学歴などによる補正後のオッズ比はそれぞれ 1.31、1.54であった。また、家庭内に他に喫煙者がいない場合、いる場合に比べ禁煙の成功率が高かった。以上、電話およびWebによる禁煙カウンセリングサービスは禁煙に効果があり、複数のサービスを受けた場合、成功率がより高くなることが示唆された。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014:659. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>.
  • Jacobs EJ, Newton CC, Carter BD, et al. What proportion of cancer deaths in the contemporary United States is attributable to cigarette smoking? Ann Epidemiol 2014; November 13 [Epub ahead of print].
  • Zbikowski SM, Hapgood J, Barnwell SS, McAfee T. Phone and web-based tobacco cessation treatment: real-world utilization patterns and outcomes for 11,000 tobacco users. J Med Internet Res 2008;10:e41.
  • Anderson CM, Zhu SH. Tobacco quitlines: looking back and looking ahead. Tob Control 2007;16(Suppl 1):i81–6.
  • Zbikowski SM, Jack LM, McClure JB, et al. Utilization of services in a randomized trial testing phone- and web-based interventions for smoking cessation. Nicotine Tob Res 2011;13:319–27.
  • Harrell FE, Lee KL, Mark DB. Multivariable prognostic models: issues in developing models, evaluating assumptions and adequacy, and measuring and reducing errors. Stat Med 1996;15:361–87.
  • Civljak M, Stead LF, Hartmann-Boyce J, Sheikh A, Car J. Internet-based interventions for smoking cessation. Cochrane Database Syst Rev 2013;7:CD007078.
  • Mckay HG, Danaher BG, Seeley JR, Lichtenstein E, Gau JM. Comparing two web-based smoking cessation programs: randomized controlled trial. J Med Internet Res 2008;10:e40.
  • Gordon JS, Mahabee-Gittens EM, Andrews JA, Christiansen SM, Byron DJ. A randomized clinical trial of a web-based tobacco cessation education program. Pediatrics 2013;131:e455–62.
  • Danaher BG, Lichtenstein E, Mckay HG, Seeley JR. Use of non-assigned smoking cessation programs among participants of a web-based randomized controlled trial. J Med Internet Res 2009;11:e26.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ