一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)侵襲性細菌性ワクチン接種により予防可能な疾患の世界・・・

MMWR抄訳

rss

2014/12/12Vol. 63 / No. 49

MMWR63(49):1159-1162
Global Invasive Bacterial Vaccine-Preventable Diseases Surveillance — 2008–2014

侵襲性細菌性ワクチン接種により予防可能な疾患の世界的サーベイランス ― 2008~2014年

肺炎球菌、髄膜炎菌およびインフルエンザ菌感染による髄膜炎および肺炎は世界的に小児の死亡率および罹患率の主な原因であり、これらの感染症を予防するワクチンが使用されている。2007年以降、WHOは小児期の予防接種プログラムへPCV(肺炎球菌結合型ワクチン)の導入を推奨しており、2008年、WHOに加盟する36カ国における91のセンチネル病院にて、侵襲性細菌性ワクチン予防可能疾患(IB-VPD)に関するサーベイランスネットワークを開始した。2008~2012年、WHOはデータの収集および分析を行うネットワークの強化および拡大を実施、協力機関とともに技術的支援や実験室設備を整備、ジョンズホプキンス大学とCDCはプロトコールおよび分析法を開発、さらにWHOはGavi(ワクチンと予防接種のための世界同盟)対象国への資金援助を開始した。2012年までにネットワークは58カ国の150カ所に拡大したが、地区によるデータの質や一貫性に差を認め、これを是正するためWHO Strategic Advisory Group of Experts on Immunizationによるモニタリングが強化された。2014年7月までに57カ国、130カ所が2013年のデータを報告、うちGavi対象国は38カ国、63カ所であり、これら38カ国では9カ国(24%)にPCVが導入されていなかった。2009~2013年、入院小児例94,871例がサーベイランスに参加、2013年は574例にて3種類のうち少なくとも1種類のワクチンにより予防可能な病原菌が検出された。髄膜炎511例では69%が肺炎球菌、17%がインフルエンザ菌、14%が髄膜炎菌に感染、肺炎または敗血症63例では83%が肺炎球菌、17%がインフルエンザ菌に感染していた。IB-VPDサーベイランスによる臨床データの収集および分析は予防接種の導入の判断に有用であり、導入による影響のモニタリングが可能となる。

References

  • O’Brien K, Wolfson LJ, Watt JP, et al. Burden of disease caused by Streptococcus pneumoniae in children younger than 5 years: global estimates. Lancet 2009;374:893–902.
  • World Health Organization. Pneumococcal conjugate vaccine for childhood immunization—WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2007;82:93–104.
  • World Health Organization. NUVI — resources for monitoring and surveillance. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/resources/NUVI/en>.
  • World Health Organization. Meeting of the Strategic Advisory Group of Experts on Immunization, November 2013–conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2014;89:1–20.
  • World Health Organization. Strategic Advisory Group of Experts (SAGE) on Immunization. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.who.int/immunization/policy/sage/en>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ