一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)HIVに感染した思春期および若年成人と高齢者におけ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/28Vol. 63 / No. 47

MMWR63(47):1097-1103
Antiretroviral Therapy Enrollment Characteristics and Outcomes Among HIV-Infected Adolescents and Young Adults Compared with Older Adults — Seven African Countries, 2004–2013

HIVに感染した思春期および若年成人と高齢者における抗レトロウイルス療法導入時の特性と転帰に関する比較 ― アフリカ7カ国、2004~2013年

2005年以降の抗レトロウイルス療法(ART)の拡大により世界のHIVによる年間死亡者数およびHIV発症率は約30%減少しているが、思春期齢のHIVによる死亡者数は約50%増加し、発症率は横ばいである。2012年、HIV感染症の新規例は1日6,300例であり、うち2,500例(40%)は15~24歳であると推定されており、思春期および若年成人の患者はARTの導入が遅く、ART開始後の追跡不能例(LTFU)が多いことが死亡率および発症率に関与している。今回、アフリカ7カ国(コートジボワール、ナイジェリア、スワジランド、モザンビーク、ザンビア、ウガンダ、タンザニア)において、2004~2012年にARTを開始した15歳以上の16,421例を対象に年齢別(思春期/若年成人:15~24歳、中年成人:25~49歳、高齢者:50歳以上)のART導入時の特性と転帰について分析した。ART開始時の各国の年齢分布は15~24歳:5~16%、25~49歳:70~86%、50歳以上:8~14%であり、女性は15~24歳:81~92%、25~49歳:60~68%、50歳以上:38~51%、うち妊婦は15~24歳:3~32%、25~49歳:4~14%、50歳以上:0~1%であった。婚姻状況に関しては、既婚者(同性婚含む)は15~24歳:27~46%、25~49歳:43~64%、50歳以上:43~67%であり、ART導入時に雇用されていた患者は15~24歳:14~47%、25~49歳:48~66%、50歳以上:32~70%であった。baseline時における体重は15~24歳にてもっとも低く(48.2~58.0kg)、stage4の患者は高齢者にて最も多く、若年成人と有意差を認めた。CD4細胞数はナイジェリアを除き年齢による有意差は認めず、ヘモグロビン値はスワジランド、モザンビーク、ザンビア、タンザニアの若年成人にて有意に低値であった。LTFU率は7カ国全ての若年成人にてもっとも高く、コートジボワール、モザンビーク、タンザニアでは有意差を認め、これら3カ国では高齢者の約1.66~2.45倍であった。死亡率はスワジランドおよびウガンダにて高齢者にて有意に高値であった。思春期/若年成人の患者ではART導入後のLTFUを低下させることが急務であると思われる。

References

  • Idele P, Gillespie A, Porth T, et al. Epidemiology of HIV and AIDS among adolescents: current status, inequities, and data gaps. J Acquir Immune Defic Syndr 2014;66(Suppl 2):S144–53.
  • Kasedde S, Luo C, McClure C, Chandan U. Reducing HIV and AIDS in adolescents: opportunities and challenges. Curr HIV/AIDS Rep 2013;10:159–68.
  • Grabar S, Kousignian I, Sobel A, et al. Immunologic and clinical responses to highly active antiretroviral therapy over 50 years of age. Results from the French Hospital Database on HIV. AIDS 2004;18:2029–38.
  • White IR, Royston P. Imputing missing covariate values for the Cox model. Stat Med 2009;28:1982–98.
  • Geng EH, Bangsberg DR, Musinguzi N, et al. Understanding reasons for and outcomes of patients lost to follow-up in antiretroviral therapy programs in Africa through a sampling-based approach. J Acquir Immune Defic Syndr 2009;53:405–11.
  • CDC. Differences between HIV-infected men and women in antiretroviral therapy outcomes—six African countries, 2004–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:946–52.
  • Brinkhof MW, Pujades-Rodriguez M, Egger M. Mortality of patients lost to follow-up in antiretroviral treatment programmes in resource-limited settings: systematic review and meta-analysis. PLoS One 2009;4:e5790.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505.
  • May M, Sterne JA, Sabin C, et al. Prognosis of HIV-1-infected patients up to 5 years after initiation of HAART: collaborative analysis of prospective studies. AIDS 2007;21:1185–97.
  • Bloomfield GS, Khazanie P, Morris A, et al. HIV and noncommunicable cardiovascular and pulmonary diseases in low- and middle-income countries in the ART era: what we know and best directions for future research. J Acquir Immune Defic Syndr 2014;67(Suppl 1):S40–53.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ