一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)電子カルテを用いたフィードバックおよび改善イニシア・・・

MMWR抄訳

rss

2014/10/17Vol. 63 / No. 41

MMWR63(41):921-924
Increases in Smoking Cessation Interventions After a Feedback and Improvement Initiative Using Electronic Health Records — 19 Community Health Centers, New York City, October 2010–March 2012

電子カルテを用いたフィードバックおよび改善イニシアティブ後における禁煙介入の増加 ― 19の地域医療センター、ニューヨーク市、2010年10月~2012年3月

ニューヨーク市(NYC)の19の地域医療センター(CHC)における喫煙の状況と禁煙介入に関する電子カルテ(EHR)をベースとしたpay-for-improvementイニシアティブについて分析した。各CHCにおける分析対象は2010年10月~2012年3月に受診した632~124,582名(計379,016名)であり、うちMedicaid加入者は0~83%(平均値:48%、中央値:49%)であった。イニシアティブ開始時(2009年10月~2010年9月)における平均喫煙率は24%(0~75%、中央値:14%)、7施設にて10%未満であり、終了時には27%(3~79%、中央値:17%)となり、13施設にて増加、5施設にて10%未満であった。開始時では喫煙者の23%(0~54%、中央値:16%)が少なくとも1回の禁煙介入(カウンセリング、禁煙医療、および/またはニューヨーク州の禁煙相談の照会)を受けており、イニシアティブ終了時には平均54%(12~91%、中央値:58%)に増加、18施設にて増加していた。18カ月間のイニシアティブにおいて、36,572名の喫煙者が少なくとも1回の禁煙介入を受け(開始時は6,515名)、NYCはこれら19施設に対し奨励費として約220,000ドルを支払った。このようなEHRを利用したイニシアティブ、施設へのフィードバックおよび金銭的イニシアティブにより禁煙介入を受ける喫煙者が18カ月間で62%増加し、禁煙率の改善に有効であることが示された。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014.
  • Fiore MC, Jaen CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008.
  • Land TG, Rigotti NA, Levy DE, Schilling T, Warner D, Li W. The effect of systematic clinical interventions with cigarette smokers on quit status and the rates of smoking-related primary care office visits. PLoS One 2012;7:e41649.
  • Boyle R, Solberg L, Fiore M. Use of electronic health records to support smoking cessation. Cochrane Database Syst Rev 2011;12:CD008743.
  • Greenwood DA, Parise CA, MacAller TA, et al. Utilizing clinical support staff and electronic health records to increase tobacco use documentation and referrals to a state quitline. J Vasc Nurs 2012;30:107–11.
  • Bentz CJ, Bayley KB, Bonin KE, et al. Provider feedback to improve 5A’s tobacco cessation in primary care: a cluster randomized clinical trial. Nicotine Tob Res 2007;9:341–9.
  • Duquaine D, Farley SM, Sacks R, Mandel-Ricci J, Silfen SL, Shih SC. Designing a quality improvement program with electronic health records: New York City’s Health eQuits. Am J Med Qual 2014; March 6 [Epub ahead of print].
  • Warner DD, Land TG, Rodgers AB, Keithly L. Integrating tobacco cessation quitlines into health care: Massachusetts, 2002–2011. Prev Chronic Dis 2012;9:E133.
  • Vidrine JI, Shete S, Cao Y, et al. Ask-Advise-Connect: a new approach to smoking treatment delivery in health care settings. JAMA Intern Med 2013;173:458–64.
  • Frieden TR, Mostashari F, Kerker BD, Miller N, Hajat A, Frankel M. Adult tobacco use levels after intensive tobacco control measures: New York City, 2002–2003. Am J Public Health 2005;95:1016–23.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ