一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)幼稚園児童のワクチン接種率 ― アメリカ、2013・・・

MMWR抄訳

rss

2014/10/17Vol. 63 / No. 41

MMWR63(41):913-920
Vaccination Coverage Among Children in Kindergarten — United States, 2013–14 School Year

幼稚園児童のワクチン接種率 ― アメリカ、2013~2014学年度

アメリカでは高いワクチン接種率を維持し、ワクチンにより予防可能な疾患から児童を守るため、小学校入学時に予防接種が要求されている。CDCによる2013~2014年度の49州およびワシントンDCにおける幼稚園児童(4,252,368名)のワクチン接種率の調査では、麻疹・おたふく風邪・風疹(MMR)ワクチンの2回接種率は中央値94.7%(コロラド州:81.7%~ミシシッピ州:99.7%以上)であり、23州にて95%以上、7州とワシントンDCにて90%未満であった。ジフテリア、破傷風、無菌性百日咳(DTaP)ワクチン接種率は95.0%(コロラド州:80.9%~ミシシッピ州:99.7%以上)であり、25州が95%を超え、水痘ワクチンの2回接種を義務づけている36州とワシントンDCにおける2回接種率は93.3%(コロラド州:81.7%~ミシシッピ州:99.7%以上)、9州が95%以上であった。また、46州およびDCにおけるワクチン接種免除データ(3,902,571名)では、ワクチン接種免除率の中央値は1.8%であり(ミシシッピ州:0.1%未満~オレゴン州:7.1%)、カンザス州およびメイン州では前年から1%以上の増加、ウェストバージニア州では1.0%以上の減少であった。うち医学的免除率は0.2%(アラバマ州、アーカンソー州、コロラド州、デラウェア州、ジョージア州、ハワイ州、ミシシッピ州、ネバダ州: 0.1%未満~アラスカ州、ワシントン州:1.2%)、非医学的(宗教的、哲学的)免除率は1.7%(バージニア州、ワシントンDC:0.4%~オレゴン州:7.0%)であった。Healthy People 2020ではMMR(2回)、DTaP(4回)、水痘(2回)ワクチン接種率の目標を95%としており、今後もこの目標の達成に向け、地域での接種の推進の必要性が示唆される。

References

  • Orenstein W, Hinman A. The immunization system in the United States: the role of school immunization laws. Vaccine 1999;17(Suppl 3):S19–24.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020: immunization and infectious diseases. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/overview.aspx?topicid=23>.
  • Sugerman D, Barskey AE, Delea MG, et al. Measles outbreak in a highly vaccinated population, San Diego, 2008: role of the intentionally undervaccinated. Pediatrics 2010;125:747–55.
  • Omer SB, Enger KS, Moulton LH, Halsey NA, Stokley S, Salmon DA. Geographic clustering of nonmedical exemptions to school immunization requirements and associations with geographic clustering of pertussis. Am J Epidemiol 2008;168:1389–96.
  • Gay N. The theory of measles elimination: implications for the design of elimination strategies. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S27–35.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19–35 months—United States, 2012. MMWR 2013;62:733–40.
  • Rota JS, Salmon DA, Rodewald LE, Chen RT, Hibbs BF, Gangarosa EJ. Processes for obtaining nonmedical exemptions to state immunization laws. Am J Public Health 2001;91:645–8.
  • Blank N, Caplan A, Constable C. Exempting schoolchildren from immunizations: states with few barriers had highest rates of nonmedical exemptions. Health Aff 2013;32:1282–90.
  • Luthy KE, Beskstrand RL, Callister LC, Cahoon S. Reasons parents exempt children from receiving immunizations. J Sch Nurs 2012;28:153–60.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ