一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)ワクチン未接種の家族と関連が疑われる海外旅行者にお・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/12Vol. 63 / No. 36

MMWR63(36):781-784
Measles Outbreak in an Unvaccinated Family and a Possibly Associated International Traveler — Orange County, Florida, December 2012–January 2013

ワクチン未接種の家族と関連が疑われる海外旅行者における麻疹アウトブレイク ― フロリダ州オレンジ郡、2012年12月~2013年1月

アメリカでは予防接種による高い集団免疫と公衆衛生による発生時の迅速な対応の結果、麻疹は2000年に排除されたが、ワクチン未接種者には依然として麻疹感染リスクが存在する。2013年1月、フロリダ州で1家族の小児4例とブラジル人旅行者1名の麻疹感染が報告された。症例1 (10歳)は2012年12月25日に発熱、28日に発疹を呈し、29日に地元の救急医療機関にて原因不明のウイルス性発疹と推定診断された。症例2(7歳)、症例3(13歳)、症例4(4歳)は症例1の兄弟姉妹で、2013年1月6日および7日に発熱、10、11、12日にそれぞれ発疹を呈した。4例とも宗教的な理由から麻疹ワクチン未接種のため、両親が麻疹感染を疑い医療機関および学校に報告した。1月11日に症例2~4の鼻腔咽頭、症例3の尿、症例2の血液から検体を採取し、州保健局(DOH)公衆衛生研究所にて検査した結果、1月14日に血液検体から麻疹特異的IgM抗体、鼻腔咽頭および尿検体から麻疹ウイルスRNAが検出され、CDCにて全例、麻疹ウイルス遺伝子型D8と確定された。一家は症例1の推定曝露期間にオレンジ郡外への旅行歴はないが、12月15日に同郡オーランドのテーマパークに旅行していた。症例5(20歳)はブラジル人旅行者で、発熱、口腔病変、結膜充血および発疹のため2012年12月30日にマイアミの救急医療機関を受診、急性咽頭炎と診断された。31日にブラジルに帰国後、血清中抗麻疹IgM抗体陽性、鼻腔咽頭および尿検体よりウイルスRNAが検出された。麻疹ワクチン接種の記録はなく、曝露および感染期間にはフロリダ州に滞在していた。ウイルスの遺伝子型はD8で症例2~4と一致し、12月14~21日にオーランドのテーマパークを訪問していたことから疫学的関連が示唆された。ブラジルでは症例5に関連し4例の二次感染があり、いずれも遺伝子型D8であった。DOHは1月11日の検体採取後ただちにアウトブレイク対応として情報部局への説明と電子サーベイランスシステムによる追加症例の検索を開始した。14日の検査室確定後は、郡内の医療機関に対し警報の発出と接触者への注意喚起を行ったが、医療機関および地元自治体、テーマパークから追加症例の報告はなかった。麻疹は通常、感染源の特定が難しく、ワクチン未接種者の発熱、発疹例では麻疹を疑うべきである。確定例および疑い例は公衆衛生専門家への迅速な報告が感染拡大防止に重要である。

References

  • CDC. Manual for the surveillance of vaccine-preventable diseases. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/surv-manual/chpt07-measles.html>.
  • American Academy of Pediatrics. Pickering LK, ed. Red book: 2009 report of the committee of infectious diseases. 28th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2009:444–55. Available at <http://redbookarchive.aappublications.org/cgi/content/full/2009/1/3.77>.
  • Katz SL, Hinman AR. Summary and conclusions: measles elimination meeting, 16–17 March 2000. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S43–7
  • Parker Fiebelkorn A, Redd SB, Gallagher K, et al. Measles in the United States during the postelimination era. J Infect Dis 2010;202:1520–8.
  • Sugerman DE, Barskey AE, Delea MG, et al. Measles outbreak in a highly vaccinated population, San Diego, 2008: role of the intentionally undervaccinated. Pediatrics 2010;125:747–55.
  • Chen TH, Kutty P, Lowe LE, et al. Measles outbreak associated with an international youth sporting event in the United States, 2007. Pediatr Infect Dis J 2010;29:794–800.
  • Chen SY, Anderson S, Kutty PK, et al. Health care-associated measles outbreak in the United States after an importation: challenges and economic impact. J Infect Dis 2011;203:1517–25.
  • CDC. Notes from the field: measles outbreak—Indiana, June–July 2011. MMWR 2011;60:1169.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ