一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)成人勤労者における無煙タバコの使用状況 ― アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/06/06Vol. 63 / No. 22

MMWR63(22):477-482
Smokeless Tobacco Use Among Working Adults — United States, 2005 and 2010

成人勤労者における無煙タバコの使用状況 ― アメリカ、2005年および2010年

無煙タバコは口腔癌、食道癌、膵臓癌の原因となる。Healthy People 2020は全成人における無煙タバコ使用率の目標値を0.3%以下としている。CDCは2005年および2010年のNational Health Interview Survey (NHIS)のデータから、アメリカの成人勤労者における無煙タバコ(嗅ぎタバコまたは噛みタバコ)の使用状況について、業種・職種別に推計した。18歳以上の推定成人勤労者人口は、2005年:1億4,100万人、2010年:1億3,900万人であった。成人勤労者における無煙タバコの使用率は2005年(2.7%)と2010年(3.0%)で、有意差はなかった。使用率の高いグループは、18~24歳(2005年:3.6%)および25~44歳(2010年:3.9%)、男性(それぞれ2005年および2010年:4.9%および5.6%)、非ヒスパニック系白人(同3.5%および4.0%)、高卒以下(同3.6%および3.9%)、中西部(同3.8%および3.3%)または南部(同3.1%および3.9%)在住者であった。成人勤労者における紙巻タバコの現喫煙率は、2010年(19.1%)が2005年(22.2%)と比較し有意に低下していた。紙巻タバコと無煙タバコの両方を喫煙する併用喫煙率は、2005年(4.1%)および2010年(4.2%)で有意差はなかった。成人勤労者における紙巻タバコの平均喫煙本数/日は、併用喫煙(15.5本)が紙巻タバコのみ(12.1本)に比較し有意に多かった。2010年における無煙タバコ使用率の高い職業・職種は、採掘・採鉱業(18.8%)、卸売業(8.9%)、建設業(7.9%)および建設・解体職(10.8%)、設備・維持・修理職(9.0%)であった。無煙タバコについて、タバコ会社は喫煙が禁止される場所でも使用可能と広告しており、また、喫煙者はタバコの害の低減と禁煙効果を期待している。しかし、無煙タバコが従来のタバコより無害で、長期的に禁煙につながるという科学的な根拠はない。むしろ併用喫煙者はヘビースモーカーよりも禁煙意志が低いことから、全ての形態のタバコ使用についてエビデンスに基づいた介入が必要である。本報告の結果から、無煙タバコ使用率の高い業種・職種が明らかになった。雇用者は、職場における全ての形態のタバコ使用の禁止、教育、禁煙サービスの利用に対する資金援助等を通して勤労者のタバコ使用低減を支援することができる。Healthy People 2020の目標値達成にはこれらの努力が必要であろう。

References

  • International Agency for Research on Cancer. IARC monographs on the evaluation of carcinogenic risks to humans. Volume 100E: a review of human carcinogens: personal habits and indoor combustions. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer, World Health Organization; 2012. Available at <http://monographs.iarc.fr/ENG/Monographs/vol100E/index.php>.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>.
  • Oliver AJ, Jensen JA, Vogel RI, Anderson AJ, Hatsukami DK. Flavored and nonflavored smokeless tobacco products: rate, pattern of use, and effects. Nicotine Tob Res 2013;15:88–92.
  • Delnevo CD, Wackowski OA, Giovenco DP, Manderski MT, Hrywna M, Ling PM. Examining market trends in the United States smokeless tobacco use: 2005–2011. Tob Control 2014;23:107–12.
  • Mejia AB, Ling PM. Tobacco industry consumer research on smokeless tobacco users and product development. Am J Public Health 2010;100:78–87.
  • Carpenter CM, Connolly GN, Ayo-Yusuf OA, Wayne GF. Developing smokeless tobacco products for smokers: an examination of tobacco industry documents. Tob Control 2009;18:54–9.
  • Rutqvist LE. Population-based survey of cessation aids used by Swedish smokers. Harm Reduct J 2012;9:38.
  • Cobb CO, Weaver MF, Eissenberg T. Evaluating the acute effects of oral, non-combustible potential reduced exposure products marketed to smokers. Tob Control 2010;19:367–73.
  • McClave-Regan AK, Berkowitz J. Smokers who are also using smokeless tobacco products in the US: a national assessment of characteristics, behaviours and beliefs of ‘dual users’. Tob Control 2011;20:239–42.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among persons aged 17 years or older: Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988–1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ