一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)浸潤癌の罹患率 ― アメリカ、2010年

MMWR抄訳

rss

2014/03/28Vol. 63 / No. 12

MMWR63(12):253-259
Invasive Cancer Incidence — United States, 2010

浸潤癌の罹患率 ― アメリカ、2010年

癌は様々な要因で発生するが、少なくとも一部はリスク因子の低減による予防が可能である。Healthy People 2020の目標値は、罹患率(10万人当たり)を大腸癌:38.6、後期ステージ乳癌:41.0、子宮頸癌:7.1としている。目標値への進捗度を評価するため、CDCはU.S. Cancer Statisticsのデータを分析した。2010年、アメリカ(アーカンソー州およびミネソタ州を除く)で計1,456,496例の浸潤癌が報告され、年齢補正後の年間罹患率は全体で446、男性は503、女性は405となり、2009年のそれぞれ459、524、414より低減した。年齢別では、19歳以下: 17.5、20~49歳: 152.3、50~64歳: 804.8、65~74歳: 1,816.2、75歳以上: 2,209.9となった。部位別の発生数および罹患率は、前立腺癌:196,038例および126.1、女性の乳癌:206,966例および118.7、肺癌:201,144例および61.7、大腸癌:131,607例および40.4の順で、これら4部位で約半数を占めた。男性では全ての人種/民族において前立腺癌、肺癌、大腸癌の順で多く、女性では全ての人種/民族において乳癌が最も多く、次いで肺癌、大腸癌、子宮体癌であったが、ヒスパニック系では乳癌に次いで大腸癌、肺癌、アジア/太平洋諸島系では大腸癌、肺癌、甲状腺癌の順であった。女性の後期ステージ乳癌罹患率は、黒人(49.8)が最も高く、次いで白人(40.9)、ヒスパニック系(33.6)、アジア/太平洋諸島系(28.6)、アメリカインディアン/アラスカ原住民(22.8)であった。全体の罹患率は380.4~510.7、部位別では、前立腺癌:90.6~187.0、女性の乳癌:106.3~142.9、肺癌:26.8~97.3、大腸癌:31.5~51.3、子宮頸癌:5.0~11.2とそれぞれ州によって幅があった。Healthy People 2020の目標値は、大腸癌について15州、子宮頸癌について24州が達成しており、2009年のそれぞれ7州、19州と比べ増加した。癌罹患率の相違はリスク因子を反映しており、エビデンスに基づく禁煙の推奨、早期スクリーニング、ヒトパピローマウイルスワクチン接種といった介入を進め予防することが重要である。

References

  • Colditz GA, Wolin KY, Gehlert S. Applying what we know to accelerate cancer prevention. Sci Transl Med 2012;4:127rv4.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/default.aspx>.
  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999–2010 incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC and National Cancer Institute; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/uscs>.
  • CDC. Invasive cancer incidence—United States, 2009. MMWR 2013;62:113–8.
  • Frieden TR. Government’s role in protecting health and safety. N Engl J Med 2013; 368:1857–9.
  • Mortensen K, Chen J. The Great Recession and racial and ethnic disparities in health services use. JAMA Int Med 2013;173:315–7.
  • Watson M, Saraiya M, Benard V, et al. Burden of cervical cancer in the United States, 1998–2003. Cancer 2008;113(10 Suppl):2855–64.
  • Engels EA, Pfeiffer RM, Fraumeni JF Jr, et al. Spectrum of cancer risk among US solid organ transplant recipients. JAMA 2011;306:1891–901.
  • Kentucky Cancer Consortium. A KCC snapshot of colon cancer. Lexington, KY: Kentucky Cancer Consortium; 2012. Available at <http://www.kycancerc.org/canceractionplan/Colon-fact-sheet.pdf>.
  • Clegg LX, Feuer EJ, Midthune DN, et al. Impact of reporting delay and reporting error on cancer incidence rates and trends. J Natl Cancer Inst 2002;94:1537–45.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ