一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)難民キャンプおよび周辺地域社会における不活化および・・・

MMWR抄訳

rss

2014/03/21Vol. 63 / No. 11

MMWR63(11):237-241
Combined Use of Inactivated and Oral Poliovirus Vaccines in Refugee Camps and Surrounding Communities — Kenya, December 2013

難民キャンプおよび周辺地域社会における不活化および経口ポリオウイルスワクチンの併用 ― ケニア、2013年12月

1988年に始まった世界ポリオ撲滅イニシアティブ(GPEI)により、現在、野生株ポリオウイルス(WPV)が蔓延する国はアフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンの3カ国のみとなっている。2013年4~12月、ナイジェリアにて発生したWPV1型(WPV1)によるアウトブレイクではソマリア、ケニア、エチオピアにてそれぞれ194例、14例、9例が発症、これを受けてケニアでは12月14~18日に不活化ポリオウイルスワクチン(IPV)と経口ポリオウイルスワクチン(OPV)を組み合わせた史上初のキャンペーンを実施した。このキャンペーンはソマリア難民キャンプおよびケニアとソマリアの国境付近に住む59カ月齢以下の乳幼児126,000名を対象に299の接種チーム(難民キャンプ:173、国境地域:126)により行われ、6週齢未満の乳児はOPVのみ、6週~59カ月齢の乳幼児はOPVに続きIPVが接種された。これら接種チームのうち、無作為に47チームを抽出し接種状況をチェックした結果、43チーム(91%)はスタッフ、ワクチン、対象となる乳幼児へのワクチン供給いずれも十分であったが、IPV接種方法(投与部位および投与量)を誤っていた医療従事者メンバーが47名中5名(11%)認められた。ワクチンの保存は44チーム(94%)にて適切であり、電子温度モニターが設置されていた42チームでは、2℃以下:12チーム(42%)、8℃以上:8チーム(19%)であった。ワクチンの費用はIPV:2.09ドル/回、OPV:0.14ドル/回であり、乳幼児1人あたりの接種費用はOPVのみの場合0.50ドル、OPV+IPVキャンペーンでは3.27ドルであった。接種による重篤な疾患、入院、死亡は報告されていない。このキャンペーンによる接種率は難民キャンプ:92.8%、周辺地域:95.8%であった。

References

  • CDC. Progress toward eradication of polio—worldwide, January 2011–March 2013. MMWR 2013;62:335–8.
  • CDC. Notes from the field: outbreak of poliomyelitis—Somalia and Kenya, May 2013. MMWR 2013;62:484.
  • Global Polio Eradication Initiative. Data and monitoring. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.polioeradication.org/dataandmonitoring.aspx>.
  • Estivariz CF, Jafari H, Sutter RW, et al. Immunogenicity of supplemental doses of poliovirus vaccine for children aged 6–9 months in Moradabad, India: a community-based, randomised controlled trial. Lancet Infect Dis 2012;12:128–35.
  • Moriniere BJ, van Loon FP, Rhodes PH, et al. Immunogenicity of a supplemental dose of oral versus inactivated poliovirus vaccine. Lancet 1993;341:1545–50.
  • World Health Organization. Safety of injections: WHO-UNICEF policy statement for mass immunization campaigns. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1999. Available at <http://www.who.int/injection_safety/toolbox/Bundling.pdf>.
  • CDC. Notes from the field: rotavirus vaccine administration errors— United States, 2006–2013. MMWR 2014;63:81.
  • World Health Organization. Preventing freeze damage to vaccines. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2007/who_ivb_07.09_eng.pdf>.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan 2013–2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.polioeradication.org/resourcelibrary/strategyandwork.aspx>.
  • World Health Organization. Meeting of the Strategic Advisory Group of Experts on Immunization, November 2012—conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2013;88:1–16.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ