一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)HIV感染症と診断され、治療中の患者におけるウイル・・・

MMWR抄訳

rss

2014/01/24Vol. 63 / No. 3

MMWR63(3):55-58
Prevalence and Indicators of Viral Suppression Among Persons with Diagnosed HIV Infection Retained in Care — Georgia, 2010

HIV感染症と診断され、治療中の患者におけるウイルス抑制率とその指標 ― ジョージア州、2010年

2012年3月、アメリカにおけるHIV治療ガイドラインは、全ステージのHIV患者に対して抗レトロウイルス療法(ART)が推奨されると変更された。Georgia 州のDepartment of Public Healthはこのガイドラインの実施に先立ち、HIV患者におけるウイルス抑制に対する診断時の疾患ステージの影響について検討した。2010年、ジョージア州における新規HIV感染患者(13歳以上)は2,921例であり、うち1,340例(45.9%)は治療を継続、治療継続例は黒人が多く(53.7%)、年齢は13~24歳:19.0%、25~34歳:27.3%、35~44歳:22.9%、45~54歳:21.6%、55歳以上:9.0%、診断時の疾患ステージは1:15.8%、2:25.1%、3:28.0%、不明:31.2%であった。男性(1,033例)における感染経路は同性間性交渉(61.7%)、女性(307例)では異性間性交渉(67.9%)が最も多かった。診断から15ヵ月以内にウイルス抑制の基準(ウイルス量200 copies/mL未満)を満たした症例は958例(71.5%)であり、抑制率は黒人(63.3%)、13~24歳(56.5%)にて低く、診断時のステージ別ではステージ1:64.5%、2:72.3%、3:80.5%、不明:66.3%であった。人種/民族、年齢および診断時の疾患ステージは、診断から15ヵ月以内のウイルス抑制の予測因子として有意性を示し、黒人、13~24歳、診断時ステージ1およびステージ2の症例にてそれぞれ白人、55歳以上、ステージ3の症例に比べ低かった。これらの結果からHIV患者に対するARTによるウイルス抑制は全てのステージの患者に対しても有効であることが示唆された。

References

  • US Department of Health and Human Services Panel on Antiretroviral Guidelines for Adults and Adolescents. Guidelines for the use of antiretroviral agents in HIV-infected adults and adolescents. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services; 2013. Available at <http://aidsinfo.nih.gov/contentfiles/lvguidelines/adultandadolescentgl.pdf.>
  • Gao X, Nau DP, Rosenbluth SA, Scott V, Woodward C. The relationship of disease severity, health beliefs and medication adherence among HIV patients. AIDS Care 2000;12:387–98.
  • CDC. HIV surveillance report, 2011; vol. 23. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports.>
  • White House Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: White House Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas.>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 U.S. dependent areas—2010. HIV Surveillance Supplemental Report 2013;18(No. 2, part B). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/2010/surveillance_report_vol_17_no_3.html.>
  • Kurth AE, Mayer K, Beauchamp G, et al. Clinician practices and attitudes regarding early antiretroviral therapy in the United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2012;61:e65–9.
  • Hadland SE, Milloy MJ, Kerr T, et al. Young age predicts poor antiretroviral adherence and viral load suppression among injection drug users. AIDS Patient Care STDs 2012;26:274–80.
  • Hall HI, Frazier EL, Rhodes P, et al. Differences in human immunodeficiency virus care and treatment among subpopulations in the United States. JAMA Intern Med 2013;173:1337–44.
  • Muthulingam D, Chin J, Hsu L, Scheer S, Schwarcz S. Disparities in engagement in care and viral suppression among persons with HIV. J Acquir Immune Defic Syndr 2013;63:112–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ