一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)レクリエーション用水に関連する疾患のアウトブレイク・・・

MMWR抄訳

rss

2014/01/10Vol. 63 / No. 1

MMWR63(1):6-10
Recreational Water–Associated Disease Outbreaks — United States, 2009–2010

レクリエーション用水に関連する疾患のアウトブレイク ― アメリカ、2009~2010年

プール、風呂、温泉などの処理水、湖、海などの非処理水によるレクリエーション用水に関連する疾患のアウトブレイクは、感染性病原菌や化学物質への曝露により発生する。2009~2010年、National Outbreak Reporting Systemを通じてCDCのWaterborne Disease and Outbreak Surveillance Systemに報告されたアウトブレイクは28州およびプエルトリコにて81件(1,326例、うち少なくとも62例が入院)であり、1978年以降、発生数は有意に増加している。81件のアウトブレイクのうち、処理水によるアウトブレイクは57件(70%)、症例数:1,030例(78%)以上、入院:40例(65%)であり、アウトブレイクあたりの症例数は7(2~280)例であった。発生時期は7月、8月が多く(25件、44%)、23件(92%)は急性胃腸疾患であり、21件(84%)はCryptosporidiumによるものであった。なお、病因が確定したアウトブレイクは49件(60%)であり、うち27件(55%)がクリプトスポリジウムによるものであった。発生場所はホテル(19件、33%)、ウォーターパーク(14件、25%)などであり、ホテルでのアウトブレイク発生は2、3、4月が多く(11件、58%)、また、病原菌は緑膿菌が9件(47%)であった。非処理水によるアウトブレイクは24件(30%)、症例数:296例(22%)以上、入院:22例(35%)であり、アウトブレイクあたりの症例数は5.5(2~69)例であった。23件(96%)は淡水によるものであり、発生時期は6、7、8月にて多く(20件、83%)、11件はシアノバクテリア毒素によるものであった。これらのアウトブレイクによる死亡例は認められていない。

References

  • CDC. Surveillance for waterborne disease outbreaks and other health events associated with recreational water—United States, 2007–2008. MMWR 2011;60(No. SS-12).
  • CDC. Communitywide cryptosporidiosis outbreak—Utah, 2007. MMWR 2008;57:989–93.
  • Cantey PT, Kurian AK, Jefferson D, et al. Outbreak of cryptosporidiosis associated with a man-made chlorinated lake—Tarrant County, Texas, 2008. J Environ Health 2012;75:14–9.
  • CDC. Cryptosporidiosis outbreak response and evaluation. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/parasites/crypto/resources/core_guidelines.pdf.>
  • Hudnell HK, Backer LC, Anderson J, Dionysiou DD. United States of America: historical review and current policy addressing cyanobacteria. In: Chorus I, ed. Current approaches to cyanotoxin risk assessment, risk management and regulations in different countries. Dessau, Germany: Federal Environment Agency (Umweltbundesamt); 2012:137–47.
  • Rabinovici SJ, Bernknopf RL, Wein AM, Coursey DL, Whitman RL. Economic and health risk trade-offs of swim closures at a Lake Michigan beach. Environ Sci Technol 2004;38:2737–45.
  • Hoagland P, Jin D, Polansky LY, et al. The costs of respiratory illnesses arising from Florida Gulf Coast Karenia brevis blooms. Environ Health Perspect 2009;117:1239–43.
  • Dodds WK, Bouska WW, Eitzmann JL, et al. Eutrophication of U.S. freshwaters: analysis of potential economic damages. Environ Sci Technol 2009;43:12–9.
  • CDC. Violations identified from routine swimming pool inspections—selected states and counties, United States, 2008. MMWR 2010;59:582–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ