一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)郡刑務所の入所時医学的検査における定期的HIVスク・・・

MMWR抄訳

rss

2013/06/21Vol. 62 / No. 24

MMWR62(24):495-497
Routine HIV Screening During Intake Medical Evaluation at a County Jail — Fulton County, Georgia, 2011–2012

郡刑務所の入所時医学的検査における定期的HIVスクリーニングの導入
-ジョージア州フルトン郡、2011~2012年

ジョージア州アトランタのフルトン郡刑務所(FCJ)にて2011年1月1日~2012年3月15日、入所時の医学的検査にHIVスクリーニング検査が導入された。入所予定者39,073名のうち22,920名(59%)に検査が行われ、すでにHIV感染の診断を受けていた473名(2.1%)および同意の得られなかった人を除き、18,869名に対し口腔液HIV迅速スクリーニング検査の実施を求め、12,141名に実施された。検査に反応を示した120名(1.0%)に対し確証的検査を行った結果、52例の新規診断例が認められ全検査例の0.4%)、うち48例は口腔液迅速検査、2例は静脈穿刺(2011年8月)、2例は口腔粘膜塗布検体(2010年12月)による診断であった。症例は男性(47例、33.7±10.7歳)、女性(5例、33.3±12.2歳)、全例が非ヒスパニック系黒人であり、男性の38%(18例)は同性愛者であった。また、36例(69%)は以前にHIV検査を受けており(4ヵ月~4年前)、22例が2年以内、1例が4ヵ月前に陰性と診断されていた。また、留置期間は9例(17%)が48時間以内、30例(58%)が14日間以内と短期の症例が多かったが、出所後、地域において治療を開始または継続する体制を整えることでHIV感染の拡大を抑止しうると考える。

References

  • Minton TD. Jail inmates at midyear 2010—statistical tables. Washington, DC: US Department of Justice, Bureau of Justice Statistics;2011. Available at <http://www.bjs.gov/content/pub/pdf/jim10st.pdf.>
  • Spaulding A, Reid L, Bowden C, et al. A tale of one city, two venues: comparing costs of routine rapid HIV testing in a high-volume jail and a high-volume emergency department, Atlanta, Georgia. Abstract no. 1061. Poster presentation at the 20th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections; March 3–6, 2013; Atlanta, GA. Available at <http://www.retroconference.org/2013b/pdfs/1061.pdf.>
  • de Voux A, Spaulding AC, Beckwith C, et al. Early identification of HIV: empirical support for jail-based screening. PLoSOne 2012;7:e37603.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: The White House, Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/uploads/nhas.pdf.>
  • Hall HI, Holtgrave DR, Maulsby C. HIV transmission rates from persons living with HIV who are aware and unaware of their infection. AIDS 2012;26:893–6.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. Prevalence and awareness of HIV infection among men who have sex with men—21 cities, United States, 2008. MMWR 2010;59:1201–7.
  • CDC. Routine jail-based HIV testing—Rhode Island, 2000–2007. MMWR 2010;59:742–5.
  • CDC. Vital signs: HIV prevention through care and treatment—United States. MMWR 2011;60:1618–23.
  • CDC. HIV testing implementation guidance for correctional settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC;2009. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/testing/resources/guidelines/correctional-settings.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ