一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)新しいHIV診断検査アルゴリズムの2つの評価方法に・・・

MMWR抄訳

rss

2013/06/21Vol. 62 / No. 24

MMWR62(24):489-494
Detection of Acute HIV Infection in Two Evaluations of a New HIV Diagnostic Testing Algorithm — United States, 2011–2013

新しいHIV診断検査アルゴリズムの2つの評価方法による急性HIV感染症の検出
-アメリカ、2011~2013年

現在、HIVの診断は免疫アッセイ(IA)、続いてウエスタンブロット(WB)または間接免疫蛍光抗体法(IFA)により行われるが、この方法ではHIV感染初期は陰性と判断され、HIV-2感染の約60%がHIV-1感染として分類される。そこでCDCは新しいHIV診断アルゴリズムの評価を目的にアリゾナ州フェニックスおよびニューヨーク、ノースカロライナ、カリフォルニア州の3地域にて進行中のプログラムの結果を分析した。新しいアルゴリズムは第4世代IA(Architect HIV Ag/Ab Combo Assay: Architect)にてスクリーニングし、陽性の場合、鑑別診断としてWBおよびHIV-1/HIV-2抗体アッセイ(Multispot HIV-1/HIV-2 Rapid Test: Multispot)を行い、どちらか陰性の場合HIV-1 RNA検査(m2000 RealTime HIV-1 Quantitative Assay)を実施する。フェニックスでは2011年7月~2013年2月の間、救急外来にて血液を採取した患者(18~64歳)全員をスクリーニングの対象とし、HIV診断未確定の37例中12例(32.4%)が急性HIV感染と診断された。また、3地域にて進行中のSTOP試験(Screening Targeted Populations to Interrupt On-going Chains of HIV Transmission with Enhanced Partner Notification)では2011年9月~2012年9月、37,876例を対象にスクリーニングが実施され、Architect 検査では654例(1.7%)に反応あり、Multispot検査ではHIV-1:554例(84.7%)、HIV-1/HIV-2:1例(0.1%)が反応、HIV-1陰性であった99例(15.1%)のうち、55例(55.6%)にてHIV-1 RNAが検出され、急性HIV感染症と診断された。以上、新しいHIV診断アルゴリズムにより、従来の検査にて偽陽性を示す症例の鑑別診断が可能となることが示唆された。

References

  • Pilcher CD, Tien HC, Eron JJ, et al. Brief but efficient: acute HIV infection and the sexual transmission of HIV. J Infect Dis 2004;189:1785–92.
  • Masciotra S, McDougal JS, Feldman J, Sprinkle P, Wesolowski L, Owen SM. Evaluation of an alternative HIV diagnostic algorithm using specimens from seroconversion panels and persons with established HIV infections. J Clin Virol 2011;52(Suppl 1):S17–22.
  • Branson BM, Mermin J. Establishing the diagnosis of HIV infection: new tests and a new algorithm for the United States. J Clin Virol 2011;52 (Suppl 1):S3–4.
  • CDC. HIV-2 infection surveillance—United States, 1987–2009. MMWR 2011;60:985–8.
  • Styer LM, Sullivan TJ, Parker MM. Evaluation of an alternative supplemental testing strategy for HIV diagnosis by retrospective analysis of clinical HIV testing data. J Clin Virol 2011;52(Suppl 1):S35–40.
  • Nasrullah M, Wesolowski LG, Meyer WA 3rd, et al. Performance of a fourth-generation HIV screening assay and an alternative HIV diagnostic testing algorithm. AIDS 2013;27:731–7.
  • Clinical and Laboratory Standards Institute. Criteria for laboratory testing and diagnosis of human immunodeficiency virus infection; approved guideline. Wayne, PA: Clinical and Laboratory Standards Institute; 2011.
  • New York Department of Health and Mental Hygiene. 2012 health advisory #29: missed opportunity to detect acute HIV infection. New York, NY: New York Department of Health and Mental Hygiene; 2012. Available at <http://www.hivguidelines.org/wp-content/uploads/2012/10/missed-opportunity-to-detect-acute-hiv-infection-10-15-2012.pdf.>
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR–14).
  • Daar EC, Little S, Pitt J, et al. Diagnosis of primary HIV-1 infection. Ann Intern Med 2001;134:25–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ