一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)キンダーから7年生の生徒における肥満 -アラスカ州・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/31Vol. 62 / No. 21

MMWR62(21):426-430
Obesity in K-7 Students - Anchorage, Alaska, 2003-04 to 2010-11 School Years

キンダーから7年生の生徒における肥満 -アラスカ州アンカレッジ、2003~04年から2010~11年度

アメリカでは小児の肥満が大きな問題となっており、1999~2010年の全国データでは2~19歳の女児の肥満の増加は止まったが、男児では増加し続けている。アラスカ州アンカレッジの都市部では、2003~04年度にて、アンカレッジおよびマタヌスカ・スシトナ学区(ASDおよびMSBSD)のキンダー(K)、1、3、5、7年生の約16.8%が肥満であると推定され、アメリカ全体での数値とほぼ一致している(2003~06年度にて6~11歳の小児の17.0%)。そこで今回、Alaska Department of Health and Social Servicesがこの2つの学区にて2003~04および2010~11年度の公立小学校の児童(K、1、3、5、7年生)のBMI値データを分析した結果を報告する。調査対象は平均19,100名/年であり、年齢別および性別におけるBMI値95パーセンタイル以上を肥満とした。これらの学区における肥満率は2003~04年度:16.8%、2010~11年度:16.3%(3.0%減)であり、男児では18.1%から17.1%(5.5%減)、非ヒスパニック系白人にて18.1%から12.7%(29.8%減)となっており、女児、アメリカインディアン/アラスカ原住民(AI/AN)および他の人種では有意な減少は認めなかった。学年別ではK、1、3年生:14.8%から14.0%(5.4%減)、5、7年生:19.4%から19.8%であり、地域別ではASD:18.0%から17.6%(2.2%減)、MSBSD:12.5%から12.4%であった。さらに社会経済状態(SES)および学年別の肥満率は、低SESの5、7年生にてAI/AN:26.0%、白人:22.4%、その他:31.1%と最も高く、2010~11年度における全体での肥満率は低SES:22.6%に対し、高SES:13.4%であり、肥満率の高いAI/ANおよび低SESに対する肥満抑制を目的とした積極的な介入の必要性が示唆される。

References

  • Ogden CL, Carroll MD, Kit MK, Flegal KM. Prevalence of obesity and trends in body mass index among US children and adolescents, 1999-2010. JAMA 2012;307:483-90.
  • CDC. Obesity in K-8 students-New York City, 2006-07 to 2010-11 school years. MMWR 2011;60:1673-8.
  • HEALTHY study group, Foster GD, Linder B, Baranowski T, et al. A school-based intervention for diabetes risk reduction. N Engl J Med 2010;363:443-53.
  • Ogden CL, Carroll MD, Flegal KM. High body mass index for age among US children and adolescents, 2003-2006. JAMA 2008;299:2401-5.
  • Nihiser AJ, Lee SM, Wechsler H, et al. Body mass index measurement in schools. J Sch Health 2007;77:651-71.
  • Linchey J, Madsen KA. State requirements and recommendations for school-based screenings for body mass index or body composition, 2010. Prev Chronic Dis 2011;8:A101.
  • CDC. CDC growth charts, United States. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/growthcharts.>
  • US Department of Education. Elementary/Secondary Information System (ELSi). Washington, DC: US Department of Education, Institute of Education Sciences, National Center for Education Statistics; 2013. Available at <http://nces.ed.gov/ccd/elsi.>
  • Alaska Department of Health and Social Services. The burden of overweight and obesity in Alaska 2003. Anchorage, AK: Alaska Department of Health and Social Services, Division of Public Health, Section of Epidemiology, Health Promotion Unit; 2003. Available at <http://www.epi.hss.state.ak.us/pubs/obesityburden/obesityburden.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ