一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)アメリカ諸国における回旋糸状虫症撲滅への進歩 -1・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/24Vol. 62 / No. 20

MMWR62(20): 405-408
Progress Toward Elimination of Onchocerciasis in the Americas - 1993-2012

アメリカ諸国における回旋糸状虫症撲滅への進歩 -1993~2012年

回旋糸状虫症(河川盲目症)は寄生虫である回旋糸状虫による疾患であり、感染したブユに咬まれることでヒトに感染する。慢性皮膚疾患、激しい痒みを特徴とし、失明の原因となる眼症状が現れる。現在、回旋糸状虫症を風土病とする国は38ヵ国、約1億2,300万人に感染のリスクがあり、少なくとも2,570万人が感染、約100万人が失明または重度の視覚障害となっている。WHOのアメリカ地域に属する国々では、1991年のPAHO(Pan American Health Organization)の決議に基づき、OEPA(Onchocerciasis Elimination Program for the Americans)が進められており、回旋糸状虫症の撲滅に向け、6ヵ月ごとのイベルメクチンの集団投薬(MDA)を基本として、健康指導、住民動員などが行われている。1993~2012年の間にアメリカ地域では合計11,069,285回ののイベルメクチンMDAが行われ、2012年の時点では風土病とする6ヵ国(ベネゼエラ、ブラジル、ガテマラ、メキシコ、エクアドル、コロンビア)のうち4ヵ国で感染遮断と撲滅に達し、感染リスクは560,911名から2013年に23,378名(4%)に減少した。OEPAは2015年までにWHOアメリカ地域全てにおける回旋糸状虫症の撲滅を目標としており、実現に向けて現在、ベネゼエラ(南部ヤノマミ族集落周辺)およびブラジル(ベネゼエラに隣接するアマゾナス州)にて回旋糸状虫症のMDAが実施頻度を増加して行われている。

References

  • Crump A, Morel CM, Omura S. The onchocerciasis chronicle: from the beginning to the end? Trends Parasitol 2012;28:208-88.
  • World Health Organization. Certification of elimination of human onchocerciasis: criteria and procedures. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2001. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2001/WHO_CDS_CPE_CEE_2001.18b.pdf.>
  • Lindblade KA, Arana B, Zea-Flores G, et al. Elimination of Onchocerca volvulus transmission in the Santa Rosa focus of Guatemala. Am J Trop Med Hyg 2007;77:334-41.
  • Program Coordinating Committee and OEPA staff. Guide to detecting a potential recrudescence of onchocerciasis during the posttreatment surveillance period: the American paradigm. Res Rep Trop Med 2012;3:21-33.
  • Blanks J, Richards F, Beltran F, et al. The Onchocerciasis Elimination Program of the Americas: a history of partnership. Rev Panam Salud Publica 1998;3:367-74.
  • Sauerbrey M . The Onchocerciasis Elimination Program for the Americas (OEPA). Ann Trop Med Parasitol 2008;102 (Suppl 1):S25-9.
  • World Health Organization. InterAmerican Conference on Onchocerciasis, 2011: interruption of transmission in Guatemala and Mexico. Wkly Epidemiol Rec 2012;87:309-15.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ