一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)汚染された酢酸メチルプレドニゾロン注射液による脊髄・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/17Vol. 62 / No. 19

MMWR62(19):377-381
Spinal and Paraspinal Infections Associated with Contaminated Methylprednisolone Acetate Injections - Michigan, 2012-2013

汚染された酢酸メチルプレドニゾロン注射液による脊髄および傍脊髄感染症 -ミシガン州、2012~2013年

2012年9月18日、テネシー州にて汚染された酢酸メチルプレドニゾロン(MPA)注射液(New England Compounding Center製造)による真菌性髄膜炎の発症が報告され、その後、アウトブレイクは拡大し、2013年5月6日には20州にて741例、死亡例は55例となり、ミシガン州では計261例、死亡例は16例となった。ミシガン州では4ヵ所の疼痛治療施設が汚染されたMPA注射液3ロット、約17,000バイアルのうち2,225バイアルを受け取った(これらのロットは現在、全てNew England Compounding Centerにより自主回収されている)。汚染されたMPAは少なくとも1,791例に対し2,537回投与された。2013年1月29日の時点でデータの得られた180例(男75女105、年齢中央値:65歳)の分析では、141例にて髄膜炎を伴わない脊髄または傍脊髄感染症(I群:男61女80、中央値:65歳)、39例にて髄膜炎を伴う脊髄または傍脊髄感染症(II群:男14女25、中央値:67歳)が発症、4例(2%)が死亡した。主な症状はI群では腰痛(71%)、頭痛(35%)、頸部痛または頸部硬直(21%)が多く、II群では頭痛(72%)、悪心/嘔吐(46%)、腰痛(46%)が多く認められた。MPAの投与は1回が多く(I群:66%、II群:79%)、最終投与からMRIによる感染の確認までの期間は中央値50(12~121)日[I群:51(12~121)日、II群:46(23~116)日]であった。

References

  • Pettit AC, Kropski JA, Castilho JL, et al. The index case for the fungal meningitis outbreak in the United States. N Engl J Med 2012;367:2119-25.
  • CDC. Multistate fungal meningitis outbreak investigation: laboratory testing and results from the ourbreak. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/hai/outbreaks/laboratory/lab_testing_results.html#labresults.>
  • CDC. Multistate outbreak of fungal infection associated with injection of methylprednisolone acetate solution from a single compounding pharmacy-United States, 2012. MMWR 2012;61:839-42.
  • Kainer MA, Reagan DR, Nguyen DB, et al. Fungal infections associated with contaminated methylprednisolone in Tennessee. N Engl J Med 2012; 367:2194-203.
  • CDC. Multistate fungal meningitis outbreak investigation: case definitions for meningitis and other infections. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/hai/outbreaks/clinicians/casedef_multistate_outbreak.html.>
  • Smith RM, Schaefer MK, Kainer MA, et al. Fungal infections associated with contaminated methylprednisolone injections-preliminary report. N Engl J Med 2012. Epub ahead of print.
  • CDC. Update: multistate outbreak of fungal infections among persons who received injections with contaminated medication. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://emergency.cdc.gov/han/han00338.asp.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ