一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)肺炎球菌結合型ワクチン導入の進展 -世界規模、20・・・

MMWR抄訳

rss

2013/04/26Vol. 62 / No. 16

MMWR62(15): 308(311
Progress in Introduction of Pneumococcal Conjugate Vaccine ( Worldwide, 2000-2012

肺炎球菌結合型ワクチン導入の進展 -世界規模、2000~2012年

肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)は、Streptococcus pneumoniaeによる疾患および死亡を減少させるのに安全かつ有効なワクチンである。WHOからのPCV使用の推奨およびGAVI Allianceからの資金援助により、特に低所得国において、国家的なPCV予防接種プログラムの導入が増加している。さらに、低~中所得国において疾患の原因となっている血清型をより広範にカバーする新規の製剤が利用可能になっている。世界的規模のPCV導入状態を調査するために、ワクチン導入を追跡したWHOデータベースを使用して、2012年12月までに定期的な乳児の予防接種スケジュールにPCVを導入している国を同定した。PCVの導入は、WHOの地域、GAVI Allianceからの資金援助の支援対象、世界銀行の所得分類、肺炎の疾病負荷により特徴付けた。2012年までに、WHO加盟国194カ国中86カ国(44%)で国の予防接種プログラムにPCVを導入していた。PCV導入国に生まれた出生コホートは、2000年ではWHO加盟国に生まれた全ての小児の1%であったが、2012年には31%に増加した。PCVを予防接種事業に導入した国の地域別の割合は、アメリカ地域:60%(21カ国/35カ国)、東地中海地域:50%(11カ国/22カ国)、ヨーロッパ地域:49%(26カ国/53カ国)、アフリカ地域:41%(19カ国/46カ国)、西太平洋地域:33%(9カ国/27カ国)で、東南アジア地域の11カ国での導入はなかった。所得レベルでは、高所得国:73%(36カ国/50カ国)、低所得国:37%(13カ国/36カ国)、低~中所得国:35%(18カ国/52カ国)、中~高所得国:34%(18カ国/53カ国)であった。GAVI Allianceの資金援助によるPCV導入のための第2相試験に参加した72カ国のうち、23カ国(32%)がPCVを導入した。2012年までに、小児の死亡率の高い国の36%(21カ国/59カ国)および5歳未満の小児の肺炎による死亡率が10%を超える国の37%(38カ国/102カ国)で、PCVが導入された。PCVを導入している国のうち、生後12~24ヶ月の3回の投与が補償されている割合の中央値は、高所得国(92%)および低所得国(95%)で高く、中~高所得国(76%)および低~中所得国(44%)では低かった。以上より、PCV導入は世界的に増加しているが、アジアおよび大規模な出産コホートをもつ国におけるPCV導入格差を解消する努力が必要である。

References

  • World Health Organization. Pneumococcal vaccines; WHO position paper-2012. Wkly Epidemiol Rec 2012;87:129-44.
  • World Health Organization. Pneumococcal conjugate vaccine for childhood immunization-WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2007;82:93-104.
  • O’Brien KL, Wolfson LJ, Watt JP, et al. Burden of disease caused by Streptococcus pneumoniae in children younger than 5 years: global estimates. Lancet 2009;374:893-902.
  • Johnson HL, Deloria-Knoll M, Levine OS, et al. Systematic evaluation of serotypes causing invasive pneumococcal disease among children under five: the pneumococcal global serotype project. PLoS Med 2010;7(10):pii:e1000348.
  • World Health Organization. Immunization surveillance, assessment and monitoring: data, statistics and graphics. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://www.who.int/immunization_monitoring/data/en. >
  • United Nations Children’s Fund. The state of the world’s children 2012: children in an urban world. New York, New York: United Nations Children’s Fund; 2012. Available at <http://www.unicef.org/sowc2012/index.php. >
  • GAVI Alliance. Countries approved for support. Geneva, Switzerland: GAVI Alliance; 2013. Available at <http://www.gavialliance.org/results/countries-approved-for-support. >
  • Levine OS, Knoll MD, Jones A, Walker DG, Risko N, Gilani Z. Global status of Haemophilus influenzae type b and pneumococcal conjugate vaccines: evidence, policies, and introductions. Curr Opin Infect Dis 2010;23:236-41.
  • World Health Organization, United Nations Children’s Fund. Ending preventable child deaths from pneumonia and diarrhoea by 2025: the integrated Global Action Plan for Pneumonia and Diarrhoea (GAPPD). Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. Available at <http://www.who.int/maternal_child_adolescent/documents/global_action_plan_pneumonia_diarrhoea/en/index.html. >

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ