一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)女性、乳児および小児(WIC)のための特別な補助栄・・・

MMWR抄訳

rss

2013/03/15Vol. 62 / No. 10

MMWR62(10):189-193
Eligibility and Enrollment in the Special Supplemental Nutrition Program for Women, Infants, and Children (WIC) - 27 States and New York City, 2007-2008

女性、乳児および小児(WIC)のための特別な補助栄養プログラムにおける適格性と登録者-27州およびニューヨーク市、2007~2008年

Special Supplemental Nutrition Program for Women, Infants, and Children (WIC)は低収入の妊娠中および出産後の女性、乳児、5歳未満の小児を対象に栄養指導、成長モニタリング、母乳保育の促進と支援および食事を提供するものであり、今回、2007~2008年のCDCのPregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS)およびカリフォルニア州のMaternal and Infant Health Assessment (MIHA)データから、プログラムの利用状況に関する調査が行われた。PRAMSは26州およびニューヨーク市にて71,267名、MIHAは6,435名の女性が参加、うち分析対象は76,049名、2007~2008年にこれらの州にて出産した女性4,023,136名(アメリカ全土の出生数の約半数)を表す。WICに参加した女性は1,863,195名(全体の46.3%)、参加する資格を有する女性(2,526,026名)の73.8%であり、資格があるのに参加しなかった女性は662,831名(全体の16.5%、参加資格を有する女性の26.2%)であった。参加資格を有する女性の参加率は州別ではユタ州:47.5%~カリフォルニア州:83.3%であり、非参加率は全体ではロードアイランド州:10.7%~ユタ州:31.0%、参加資格を有する女性ではカリフォルニア州:16.7%~ユタ州:52.5%であった。また、参加した女性は非ヒスパニック系白人:35.4%、非ヒスパニック系黒人:18.8%、ヒスパニック系:39.2%であるが、参加資格があるのに参加しなかった女性はそれぞれ56.9、13.8、20.9%であり、参加資格のない女性はそれぞれ76.4、4.6、7.4%であった。WICに参加した女性および資格があるのに参加しなかった女性には低収入および低学歴、18歳未満、第4子以上を出産が多く認められ、また、Medicaid加入または民間医療保険非加入者が多くみられた。さらに妊娠肥満、妊娠前喫煙、未熟児の出産歴のある女性が多かった。WICはこれらの女性に対し効果的なサービスを提供するものであり、資格がある女性の参加率向上の必要性が示唆された。

References

  • Foster EM, Jiang M, Gibson-Davis CM. The effect of the WIC program on the health of newborns. Health Serv Res 2010;45:1083-104.
  • Bitler MP, Currie J. The changing association between prenatal participation in WIC and birth outcomes in New York City: what does it mean? J Policy Anal Manage 2005;24:687-90.
  • Kowaleski-Jones L, Duncan GJ. Effects of participation in the WIC program on birthweight: evidence from the National Longitudinal Survey of Youth. Special Supplemental Nutrition Program for Women, Infants, and Children. Am J Public Health 2002;92:799-804.
  • Blumenshine P, Egerter S, Barclay CJ, Cubbin C, Braveman PA. Socioeconomic disparities in adverse birth outcomes: a systematic review. Am J Prev Med 2010;39:263-72.
  • Behrman RE, Butler AS, eds. Preterm birth: causes, consequences, and prevention. Washington, DC: National Academies Press; 2007.
  • Kramer MS. Determinants of low birth weight: methodological assessment and meta-analysis. Bull World Health Organ 1987;65:663-737.
  • Braveman P, Marchi K, Egerter S, et al. Poverty, near-poverty, and hardship around the time of pregnancy. Matern Child Health J 2010; 14:20-35.
  • Laraia BA, Siega-Riz, AM, Gunderson C. Household food insecurity is associated with self-reported pregravid weight status, gestational weight gain, and pregnancy complications. J Am Diet Assoc 2010;110:692-701.
  • Shapira N. Prenatal nutrition: a critical window of opportunity for mother and child. Womens Health 2008;4:639-56.
  • Lu MC, Kotelchuck M, Hogan V, Jones L, Wright K, Halfon N. Closing the black-white gap in birth outcomes: a life-course approach. Ethn Dis 2010;20(1 Suppl 2):S2-62-76.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ