一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)居眠り運転-19州およびワシントンDC、2009~・・・

MMWR抄訳

rss

2013/01/04Vol. 61 / No. 51&52

MMWR61(51&52):1033-1037
Drowsy Driving - 19 States and the District of Columbia, 2009-2010

居眠り運転-19州およびワシントンDC、2009~2010年

National Highway Traffic Safety Administration (NHTSA)によると、自動車の衝突による死亡事故の約2.5%(2009年にて約730件)、非死亡事故の約2.0%(2009年にて約30,000件)、死亡衝突事故の15~33%が居眠り運転に関連するとの調査もあり、また、居眠り運転による事故は、居眠りをしていない運転に比べて死亡や怪我に至る場合が多い。CDCは2009~2010年のBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)を通じ、州レベルでの自己申告による運転中の居眠りと睡眠不足に関する調査を行った。回答率は39.1(オレゴン州)~68.8%(ネブラスカ州)、中央値:52.1%であり、回答者147,076名のうち、ここ30日以内に運転中に居眠りをしたと回答したのは4.2%(男性:5.3%、女性:3.2%)であった。年齢別では18~24歳:4.9%、25~34歳:6.3%、35~44歳:5.5%にて高く、65歳以上では1.7%であり、人種/民族別では非ヒスパニック系白人にて低く(3.2%)、非ヒスパニック系黒人:6.1%、ヒスパニック系:5.9%、その他:6.0%であった。また職業別では退職者(1.0%)、学生/家事手伝い(2.1%)、無職(3.1%)にて低く、就労者(5.1%)、失業者(6.1%)にて高値、州別ではオレゴン州:2.5%~テキサス州:6.1%であった。睡眠不足との関連については、睡眠時間が6時間以下、いびきをかく、日中に居眠りする人で居眠り運転率が高く、6時間以下の睡眠時間、いびき、閉塞型睡眠時無呼吸と居眠り運転との関連性が示唆された。

References

  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts crash stats: drowsy driving. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2011. Available at http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/811449.pdf. Accessed December 19, 2012.
  • Masten SV, Stutts JC, Martell CA. Predicting daytime and nighttime drowsy driving crashes based on crash characteristic models. 50th Annual Proceedings of the Association for the Advancement of Automotive Medicine; Chicago, IL; October 2006.
  • Tefft BC, AAA Foundation for Traffic Safety. Asleep at the wheel: the prevalence and impact of drowsy driving. Washington, DC: AAA Foundation for Traffic Safety; 2010. Available at http://www.aaafoundation.org/pdf/2010drowsydrivingreport.pdf. Accessed December 19, 2012.
  • Pack AI, Pack AM, Rodgman E, Cucchiara A, Dinges DF, Schwab CW. Characteristics of crashes attributed to the driver having fallen asleep. Accid Anal Prev 1995;27:769-75.
  • Royal D. National survey of distracted and drowsy driving attitudes and behavior, 2002. Volume I: findings report. Washington, DC: The Gallup Organization; 2003. Available at http://www.nhtsa.gov/people/injury/drowsy_driving1/surveydistractive03/technical_page1.htm. Accessed December 19, 2012.
  • Jackson ML, Croft RJ, Kennedy GA, Owens K, Howard ME. Cognitive components of simulated driving performance: sleep loss effects and predictors. Accid Anal Prev 2013;50:438-44.
  • Knipling RR, Wang J-S. National Highway Traffic Safety Administration. Crashes and fatalities related to driver drowsiness/fatigue. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 1994. Available at http://ntl.bts.gov/lib/jpodocs/repts_te/1004.pdf. Accessed January 2, 2013.
  • Gastaut H, Broughton RJ. A clinical and polygraphic study of episodic phenomena during sleep. Rec Adv Biol Psychiatry 1965;7:197-222.
  • Stutts JC, Wilkins JW, Scott Osberg J, Vaughn BV. Driver risk factors for sleep-related crashes. Accid Anal Prev 2003;35:321-31.
  • NCSDR/NHTSA Expert Panel on Driver Fatigue and Sleepiness. Drowsy driving and automobile crashes. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 1998. Available at http://www.nhtsa.gov/people/injury/drowsy_driving1/drowsy.html#ncsdr/nhtsa. Accessed December 21, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ