一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)包括的禁煙法-アメリカ50大都市、2000および2・・・

MMWR抄訳

rss

2012/11/16Vol. 61 / No. 45

MMWR61(45):914-917
Comprehensive Smoke-Free Laws - 50 Largest U.S. Cities, 2000 and 2012

包括的禁煙法-アメリカ50大都市、2000および2012年

受動喫煙(SHS)曝露の阻止には室内での完全禁煙が必要であり、州および地域では法律で職場や公共施設での完全禁煙を定めている。CDCはAmerican Nonsmokers’ Right Foundation(ANRF)とともに国内の50大都市におけるSHS曝露からの保護に関する州または地域の包括的禁煙(CSF)法について、とくに喫煙制限に関する項目について分析を行った。データは2000年12月31日および2012年10月5日時点におけるU.S. Tobacco Control Laws DatabaseおよびCDC’s State Tobacco Activities Tracking and Evaluation(STATE) System Databaseより入手した。その結果、2000年12月31日時点でCSF地域法を制定していた都市はカリフォルニア州のサンノゼのみであったが、2012年10月5日時点では16都市(32%)がCSF地域法により、20都市(40%)が州法により職場、レストラン、バーいずれにおいても完全禁煙となり、6都市では州法、地域法ともに完全禁煙が定められていた(ニューヨーク、シカゴ、コロンブス、ボルチモア、ボストン、ミルウォーキー)。残る20都市(約1,600万人、全人口の約5%)のうち14都市では州法または地域法により3ヵ所のうち少なくとも1ヵ所にて禁煙であるが、6都市(ロサンゼルス、オクラホマシティ、フレズノ、バージニアビーチ、アトランタ、タルサ)では全ての場所で喫煙が可能であった。また、20都市のうち10都市は南部の州(フロリダ、ジョージア、ノースカロライナ、テネシー、テキサス、バージニア州)にあり、今後、とくにこれら南部の州における法律による禁煙の推進がSHS曝露からの保護に有効であると思われる。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2006/ index.htm. Accessed November 8, 2012.
  • CDC. State smoke-free laws for worksites, restaurants, and bars-United States, 2000-2010. MMWR 2011;60:472-5.
  • National Cancer Institute. State and local legislative action to reduce tobacco use. smoking and tobacco control monograph no. 11. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2000. Available at http:// cancercontrol.cancer.gov/tcrb/monographs/11/monograph_11.pdf. Accessed November 8, 2012.
  • International Agency for Research on Cancer. Evaluating the effectiveness of smoke-free policies. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer; 2009. Available at http://www.iarc.fr/en/publications/pdfs-online/prev/handbook13/handbook13.pdf. Accessed November 8, 2012.
  • Mowery PD, Babb S, Hobart R, Tworek C, MacNeil A. The impact of state preemption of local smoking restrictions on public health protections and changes in social norms. J Environ Public Health 2012;2012:632629.
  • CDC. Preemptive state tobacco-control laws-United States, 1982-1998. MMWR 1999;47:1112-4.
  • CDC. State preemption of local smoke-free laws in government work sites, private work sites, and restaurants-United States, 2005-2009. MMWR 2010;59:105-8.
  • The Task Force on Community Preventive Services. The guide to community preventive services: what works to promote health? New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at http://www.thecommunityguide.org/ library/book/index.html. Accessed November 8, 2012.
  • King BA, Travers MJ, Cummings KM, Mahoney MC, Hyland AJ. Secondhand smoke transfer in multiunit housing. Nicotine Tob Res 2010;12:1133-41.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ