一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)1つの調剤薬局からのメチルプレドニゾロン酢酸塩溶液・・・

MMWR抄訳

rss

2012/10/19Vol. 61 / No. 41

MMWR61(41): 839-842
Multistate Outbreak of Fungal Infection Associated with Injection of Methylprednisolone Acetate Solution from a Single Compounding Pharmacy - United States, 2012 

1つの調剤薬局からのメチルプレドニゾロン酢酸塩溶液の投与による複数州における真菌感染症-アメリカ、2012年

2012年9月18日、Tennessee Department of Healthはテネシー通院外科診療所にて硬膜外ステロイド投与を受けた症例が46日後にAspergillus fumigates髄膜炎と診断されたとの警告を発表した。CDCおよびNorth Caroline Department of Health and Human Servicesとの共同調査が行われ、9月27日までにさらに8例(テネシー州:7、ノースカロライナ州:1)が確認された。この9例はいずれもマサチューセッツ州フレミングハムのNew England Compounding Center(NECC)にて調合された防腐剤無添加のメチルプレドニゾロン酢酸塩溶液(MPA)の硬膜外投与を1回以上受けており、使用されたMPAは3ロット(05212012@68、06292012@26、08102012@51)であった。この製剤は17,500バイアル(80mg/mL)が1mL、2mL、5mLバイアル包装にて23州75施設に分配され、末梢関節痛および腰痛の治療に使用されていた。NECCは9月26日にこれら3ロットの製剤を自主回収し、10月3日にはくも膜下腔内に投与される無菌性製剤、10月6日はその他のすべての製剤を自主回収した。CDC、FDAおよび州および地方の保健局による複数州に及ぶ症例調査では、10月10日の時点で10州にて137例が確認され、うち12例が死亡していた。70例を対象とした先行調査では、髄膜炎:64例(91%)、脳卒中(腰椎穿刺なし):2例(3%)、硬膜外膿瘍または骨髄炎:2例(3%)、複数症状:2例(3%)であり、年齢は68(23~91)歳、男性22人、女性48人であった。徴候/症状は頭痛:57例(81%)、発熱:24例(34%)、悪心:21例(30%)、羞明:7例(10%)が多く、脳脊髄液(CSF)中白血球数は1,299(13~15,400)/μL、グルコース:42(11~121)mg/dL、タンパク質:129(45~588)mg/dLであった。真菌感染症は26例(37%)にて認められ、うち14例にてExserohilumspp(13例)およびAspergillus fumigates(1例)が同定された。発症は8月18日が最も早く、最終投与から発症までの期間は15(1~42)日間であった。NECCによる自主回収後の発症例は認めていない。

References

  • Cooper AB, Sharpe MD. Bacterial meningitis and cauda equine syndrome after epidural steroid injections. Can J Anaesth 1996;43(5 pt 1):471-4.
  • Snarr J. Risk, benefits and complications of epidural steroid injections: a case report. AANA J 2007;75:183-8.
  • Kolbe AB, McKinney AM, Kendi AT, Misselt D. Aspergillus meningitis and discitis from low-back procedures in an immunocompetent patient. Acta Radiol 2007;48:687-9.
  • Verweij PE, Brinkman K, Kremer HP, Kullberg BJ, Meis JF. Aspergillus meningitis: diagnosis by non-culture-based microbiological methods and management. J Clin Microbiol 1999;37:1186-9.
  • Viscoli C, Machetti M, Gazzola P, et al. Aspergillus galactomannan antigen in the cerebrospinal fluid of bone marrow transplant recipients with probable cerebral aspergillosis. J Clin Microbiol 2002;40:1496-9.
  • Rodrigo N, Perera KN, Ranwala R, Jayasinghe S, Warnakulasuriya A, Hapuarachchi S. Aspergillus meningitis following spinal anaesthesia for caesarean section in Colombo, Sri Lanka. Int J Obstet Anesth 2007;16:256-60.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ