一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)Unexplained Respiratory D・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/06Vol. 61 / No. 26

MMWR61(26):480-483
Unexplained Respiratory Disease Outbreak Working Group Activities - Worldwide, March 2007-September 2011 

Unexplained Respiratory Disease Outbreak作業部会の活動-世界中、2007年3月~2011年9月

Unexplained Respiratory Disease Outbreak(URDO)作業部会は、2004年に設立された感染性/非感染性呼吸器疾患の高度な専門知識を有する約40名の科学者から成るCDCの学際的チームであり、地域/州/全国の公衆衛生局による原因不明の呼吸器疾患アウトブレイクの調査をサポートしている。この報告は、2007年3月~2011年9月のURDO作業部会の活動をまとめたものである。この期間中、URDO作業部会は57件の調査に関与し、対象分野の専門家への相談(57件全て)やCDCでの検査(42件)を促進し、現場でのフィールド調査(8件)を支援した。57回の調査のうち41回は国内の事例、16回は国際的事例であった。正確な患者数が明らかになったアウトブレイク49件において、患者数中央値は15例(1~409例)であった。病因は29件(51%)で同定され、最も頻度が高かった病原物質はインフルエンザウイルス以外の呼吸器ウイルス(41%)、インフルエンザウイルス(17%)、Mycoplasma pneumonia(14%)、Bordetella pertussis(14%)であった。最初の患者の発症からURDO作業部会への通知までの期間中央値は33日(4~218日)と長く、発生早期の検査用検体の採取や疫学データの収集に影響を及ぼした。検体採取・疫学的調査・URDO作業部会への相談の遅延を少なくすることは、原因不明の呼吸器疾患アウトブレイクの病因を同定しより迅速にコントロールする能力を高める可能性がある。

References

  • CDC. Outbreak of adenovirus 14 respiratory illness-Prince of Wales Island, Alaska, 2008. MMWR 2010;59:6-10.
  • Esposito D, Gardner T, Schneider E, et al. Outbreak of pneumonia associated with emergent human adenovirus serotype 14-southeast Alaska, 2008. J Infect Dis 2010;202:214-22.
  • Grard G, Drexler JF, Lekana-Douki S, et al. Type 1 wild poliovirus and putative enterovirus 109 in an outbreak of acute flaccid paralysis in Congo, October-November 2010. Euro Surveill 2010;15(47).
  • Mandal S, Tatti KM, Woods-Stout D, et al. Pertussis pseudo outbreak linked to specimens contaminated by Bordetella pertussis DNA from clinic surfaces. Pediatrics 2012;129:e424-30.
  • Wei SC, Tatti K, Cushing K, et al. Effectiveness of adolescent and adult tetanus, reduced-dose diphtheria, and acellular pertussis vaccine against pertussis. Clin Infect Dis 2010;51:315-21.
  • Jacobson LM, Redd JT, Schneider E, et al. Outbreak of lower respiratory tract illness associated with human enterovirus 68 among American Indian children. Pediatr Infect Dis J 2012;31:309-12.
  • Kodani M, Yang G, Conklin L, et al. Application of TaqMan low-density arrays for simultaneous detection of multiple respiratory pathogens. J Clin Microbiol 2011;49:2175-82.
  • CDC. How to investigate unexplained respiratory disease outbreaks (URDO). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://emergency.cdc.gov/urdo>. Accessed June 25, 2012.
  • Reingold AL. Outbreak investigations-a perspective. Emerg Infect Dis 1998;4:21-7.
  • Carrat F, Vergu E, Ferguson NM, et al. Time lines of infection and disease in human influenza: a review of volunteer challenge studies. Am J Epidemiol 2008;167:775-85.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ