一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)成人における室内日焼け装置の使用-アメリカ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2012/05/11Vol. 61 / No. 18

MMWR61(18):323-326
Use of Indoor Tanning Devices by Adults - United States, 2010

成人における室内日焼け装置の使用-アメリカ、2010年

アメリカにおいて皮膚癌は最も発症率の高い癌であり、室内日焼け装置による紫外線曝露は皮膚癌の回避可能な危険因子として重要である。青少年と成人における日焼け用の人工的紫外線源の使用率低下はHealthy People 2020の目標のひとつになっており、現在の室内日焼け制限に関する州レベルの政策は18歳未満の青少年を対象としている。アメリカの成人における過去12ヶ月間の室内日焼けの実施率を調査するため、CDCとNational Cancer InstituteはNational Health Interview Survey(NHIS)の2010年のデータを分析した。過去12ヶ月間の室内日焼けの実施率は、全体で5.6%であった。サブグループ別では白人(8.1%)、女性(8.9%)、18~21歳群(12.3%)と22~25歳群(12.3%)で室内日焼けの実施率が高く、18~21歳と22~25歳の白人女性の実施率(それぞれ31.8%、29.6%)は最高であった。また室内日焼けを行った白人女性の57.7%(18~21歳群:67.6%)と白人男性の40.0%は過去12ヶ月間に10回以上室内日焼けを行っていた。今後アメリカの成人、特に白人・女性・18~25歳群を対象とした室内日焼けを減少させる戦略の立案と実施が必要である。

References

  • World Health Organization International Agency for Research on Cancer Working Group on Artificial Ultraviolet (UV) Light and Skin Cancer. The association of use of sunbeds with cutaneous malignant melanoma and other skin cancers: a systematic review. Int J Cancer 2007;120:1116-22.
  • Zhang M, Qureshi AA, Gellar AC, Frazier L, Hunter DJ, Han J. Use of tanning beds and incidence of skin cancer. J Clin Oncol 2012; 30:1588-93.
  • World Health Organization International Agency for Research on Cancer. A review of human carcinogens-part D: radiation. Lancet Oncol 2009;10:751-2.
  • Gilchrest B, Eller MA, Geller AC, Yaar M. The pathogenesis of melanoma induced by ultraviolet radiation. N Engl J Med 1999;340:1341-8.
  • Lim HW, James WD, Rigel DS, Maloney ME, Spencer JM, Bhushan R. Adverse effects of ultraviolet radiation from the use of indoor tanning equipment: time to ban the tan. J Am Acad Dermatol 2011;64:893-902.
  • Bickers DR, Lim HW, Margolis D, et al. The burden of skin diseases: 2004: a joint project of the American Academy of Dermatology Association and the Society for Investigative Dermatology. J Am Acad Dermatol 2006;55:490-500.
  • US Department of Health and Human Services. Cancer. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/ objectiveslist.aspx?topicId=5>. Accessed May 1, 2012.
  • Choi K, Lazovich, D, Southwell B, Forster J, Rolnick SJ, Jackson J. Prevalence and characteristics of indoor tanning use among men and women in the United States. Arch Dermatol 2010;146:1356-61.
  • Jemal A, Saraiya M, Patel P, et al. Recent trends in cutaneous melanoma incidence and death rates in the United States, 1992-2006. J Am Acad Dermatol 2011;65(5 Suppl 1):S17-25.
  • Wu X, Eide MJ, King J, et al. Racial and ethnic variations in incidence and survival of cutaneous melanoma in the United States, 1999-2006. J Am Acad Dermatol 2011;65(5 Suppl 1):S26-37

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ