一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)注射薬使用者におけるHIV感染症とHIV関連行動-・・・

MMWR抄訳

rss

2012/03/02Vol. 61 / No. 8

MMWR61(8):133-138
HIV Infection and HIV-Associated Behaviors Among Injecting Drug Users - 20 Cities, United States, 2009  

注射薬使用者におけるHIV感染症とHIV関連行動-アメリカ、20都市、2009年

アメリカでは最近注射薬使用を原因とするHIV感染症の数が減少しているが、それでも2009年における新規HIV感染症患者の9%は注射薬使用者(IDU)である。IDUにおけるHIVの有病率とHIV関連行動を監視するため、CDCのNational HIV Behavioral Surveillance System(NHBS)は一部の大都市統計地域(MSA)においてインタビューとHIV検査を実施している。この報告は、2009年に実施された20のMSAにおけるIDU 10,073例を対象としたインタビューとHIV検査のデータをまとめたものである。対象としたIDUにおけるHIV感染症の有病率(検査陽性率)は9%であった。人種/民族別のHIV感染症の有病率はラテンアメリカ系(12%)と非ラテンアメリカ系黒人(11%)が非ラテンアメリカ系白人(6%)よりも高く、地域別では北東部と南部(それぞれ12%、11%)が中西部と西部(5%、6%)よりも高く、教育レベル別では高校卒業未満群(13%)が高校卒業群と高校卒業以上群(8%、7%)よりも高かった。また検査陽性者の45%は自分の感染を知らなかった。調査前にHIV陰性あるいはHIV状態不明であった9,565例のうち69%は過去12ヶ月間に予防しない膣性交を行っており、34%は注射器を共有しており、23%は予防しない異性間肛門性交を行っていた。これらのリスク行動はHIV検査や予防サービスへのアクセス促進の理由となるが、HIV感染リスクを有するIDUにおける過去12ヶ月間のHIV検査実施率は49%のみ、行動的介入への参加率は19%のみであった。IDUにおけるHIV感染症予防のためには、新しい滅菌注射器やコンドームの使用、薬物乱用の治療、HIV検査へのアクセスを促進させる取り組みが必要である。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection and AIDS in the United States: HIV surveillance report, Vol. 21. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/surveillance/resources/reports/2009report/index.htm>. Accessed February 24, 2012.
  • Prejean J, Song R, Hernandez A, et al. Estimated HIV incidence in the United States, 2006-2009. Plos One 2011;6:e17502.
  • Lansky A, Abdul-Quader AS, Cribbin M, et al. Developing an HIV behavioral surveillance system for injecting drug users: the National HIV Behavioral Surveillance System. Public Health Rep 2007;122(Suppl 1): 48-55.
  • Salganik MJ, Heckathorn DD. Sampling and estimation in hidden populations using respondent-driven sampling. Sociol Method 2004; 34:193-240.
  • Brady JE, Friedman SR, Cooper HL, Flom PL, Tempalski B, Gostnell K. Estimating the prevalence of injection drug users in the U.S. and in large U.S. metropolitan areas from 1992 to 2002. J Urban Health 2008;85:323-51.
  • CDC. HIV prevalence trends in selected populations in the United States: results from national serosurveillance, 1993-1997. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2001. Available at < http://www.cdc.gov/hiv/topics/testing/resources/reports/hiv_prevalence/index.htm>. Accessed February 24, 2012.
  • CDC. HIV-associated behaviors among injecting-drug users-23 cities, United States, May 2005-February 2006. MMWR 2009;58:329-32.
  • CDC. HIV surveillance-United States, 1981-2008. MMWR 2011; 60:689-93.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ