一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)インターネットにて脱法ドラッグ2C-E(4-eth・・・

MMWR抄訳

rss

2012/02/10Vol. 61 / No. 5

MMWR61(5):85-88
Severe Methemoglobinemia and Hemolytic Anemia from Aniline Purchased as 2C-E (4-ethyl-2,5-dimethoxyphenethylamine), a Recreational Drug, on the Internet - Oregon, 2011 

インターネットにて脱法ドラッグ2C-E(4-ethyl-2,5-dimethoxyphenethylamine)として購入したアニリンによる重症メトヘモグロビン血症および溶血性貧血

2011年8月、オレゴン州在住の男性2名が中国からインターネットで脱法ドラッグとして使用される精神刺激薬2C-E(4-ethyl-2,5-dimethoxyphenethylamine)を購入し、その液体をソフトドリンクに混ぜて摂取したところ、15分後にチアノーゼを来し、その後、不応性メトヘモグロビン血症および溶血性貧血の治療を受けた。Oregon Poison Center、Oregon Public Health Division、Drug Enforcement Administration(DEA)および食品医薬品局(FDA)による合同調査により、この液体はメトヘモグロビン血症を引き起こす工業用溶媒であるアニリンと同定された。症例Aは33歳、友人である症例B(34歳)とレストランでソフトドリンクを飲み、軽いめまいと悪心を訴えて倒れた。2例とも薬や違法ドラッグは摂取していないと主張していたが、インターネットで購入した2C-Eをソフトドリンクに混ぜて飲んだことを明かしたため、DEAが残っていた液体を回収し、FDAにて分析した結果、アニリンであることが判明した。症例A、Bともに救急搬送され、メチレンブルー(1mg/kg)が静注された。症例Aは計5回の投与により3日後にメトヘモグロビン濃度:11%(搬送時:66.7%)、ヘモグロビン:10.1g/dL(同:14.3g/dL)に低下し、症例Bは計4回の投与によりメトヘモグロビン濃度:10%(同:49.5%)まで低下した。症例Bはその後、追跡不能となったが、症例Aは入院から5日目にヘモグロビン値が5.7g/dLまで低下し、疲労感を訴えた。酸素吸入を行うが酸素飽和度は70-80%であり、赤血球輸血(計2パック)と血漿分離交換を行い、12日目に退院となった。今回、黄色の液体をソフトドリンクに混入したと説明しているが、2C-Eはカプセルまたは白色粉末にて使用されるため、アリニンを2C-Eとして購入した者が他にいないか調査が行われたが、新たな症例は確認されていない。

References

  • Mier, RJ. Treatment of aniline poisoning with exchange transfusion. J Toxicol Clin Toxicol 1988;26:357-64.
  • Harrison JH, Jollow DJ. Contribution of aniline metabolites to aniline-induced methemoglobinemia. Mol Pharmacol 1987;32:423-31.
  • National Center for Environmental Health/Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Medical management guidelines for aniline. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.atsdr.cdc.gov/mmg/mmg.asp?id=448&tid=79>. Accessed February 3, 2012.
  • Kearny TE, Manoguerra AS, Dunford JV Jr. Chemically induced methemoglobinemia from aniline poisoning. West J Med 1984; 140:282-6.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Drug Abuse Warning Network, 2009: national estimates of drug-related emergency department visits. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2011. Available at <http://www.samhsa.gov/data/2k11/dawn/2k9dawned/html/dawn2k9ed.htm>. Accessed February 8, 2012.
  • US Department of Justice, Drug Enforcement Administration, Office of Diversion Control. National Forensic Laboratory Information System Special Report: synthetic cannabinoids and synthetic cathinones reported in NFLIS, 2009-2010. Springfield, VA: Drug Enforcement Administration; 2011. Available at <http://www.deadiversion.usdoj.gov/nflis/2010rx_synth.pdf>. Accessed February 8, 2012.
  • US Department of Justice, Drug Enforcement Administration, Office of Diversion Control. Controlled substance schedules. Springfield, VA: Drug Enforcement Administration; 2011. Available at <http://www.deadiversion.usdoj.gov/schedules/index.html>. Accessed February 8, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ