一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)麻疹の伝播増加とアウトブレイク-ヨーロッパ地域、2・・・

MMWR抄訳

rss

2011/12/02Vol. 60 / No. 47

MMWR60(47):1605-1610
Increased Transmission and Outbreaks of Measles - European Region, 2011

麻疹の伝播増加とアウトブレイク-ヨーロッパ地域、2011年

WHOヨーロッパ地域(EUR)では、2010年の麻疹根絶目標に向けて2003~2009年にかなりの進展がみられたが、2009年後期以降麻疹ウイルスの伝播やアウトブレイクが急増している。2011年1月1日~10月26日にはEUR全体で26,074例の麻疹患者が報告された[西ヨーロッパ地域:21,724例(83.3%)、中央/東ヨーロッパ地域:3,570例(13.7%)、旧ソビエト連邦の新たな独立州:780例(3.0%)]。このうち12,882例(49.4%)は15歳以上であり、11,763例(45.1%)はワクチン未接種、11,825例(45.4%)は接種歴が不明であった。全体で7,288例(28.0%)が入院し、9例が麻疹に関連して死亡した。また麻疹のアウトブレイクは2011年1月1日~10月26日にEUR加盟53州中36州で115件発生した。患者数は21,177例であり、この期間中の全麻疹患者の81.2%を占めた。フランスでは最大のアウトブレイクが進行中であり、10月26日の時点で14,025例の麻疹患者が報告されている。EURにおける麻疹の伝播およびアウトブレイク増加の主因は、様々な年齢の麻疹感受性集団における低いワクチン接種率である。2010年9月、第60回Regional Committee for Europeにより2015年までの麻疹根絶が新たな目標として設定された。この目標達成には、様々な年齢集団における麻疹含有ウイルス(MCV)の2回接種率=95%の達成・維持、有効なアウトブレイク制御対策の実施、麻疹患者およびアウトブレイクを迅速に同定するためのサーベイランスのさらなる強化、麻疹根絶の確認が必要である。

References

  • Martin R, Wassilak S, Emiroglu N, et al. What will it take to achieve measles elimination in the World Health Organization European Region: progress from 2003-2009 and essential accelerated actions. J Infect Dis 2011;204(Suppl 1):S325-34.
  • World Health Organization. Health 21: the health for all policy framework for the WHO European Region. European health for all series, no. 6. Copenhagen, Denmark: World Health Organization Regional Office for Europe; 1999. Available at <http://www.euro.who.int/__data/assets/pdf_file/0010/98398/wa540ga199heeng.pdf>. Accessed November 23, 2011.
  • World Health Organization. Renewed commitment to elimination of measles and rubella and prevention of congenital rubella syndrome by 2015 and sustained support for polio-free status in the WHO European Region. Resolution 12 (EUR/RC60/R12). Copenhagen, Denmark: World Health Organization Regional Committee for Europe; 2010. Available at <http://www.euro.who.int/__data/assets/pdf_file/0016/122236/RC60_eRes12.pdf>. Accessed November 23, 2011.
  • Mankertz A, Mulders MN, Shulga S, et al. Molecular genotyping and epidemiology of measles virus transmission in the World Health Organization European Region, 2007-2009. J Infect Dis 2011;204 (Suppl 1):S335-42.
  • Mankertz A, Mihneva Z, Gold H, et al. Spread of measles virus D4- Hamburg, Europe, 2008-2011. Emerg Infect Dis 2011;17:1396-401.
  • Muscat M. Who gets measles in Europe? J Infect Dis 2011;204(Suppl 1): S353-65.
  • Doshi S, Khetsuriani N, Zakhashvili K, Baidoshvili L, Imnadze P, Uzicanin A. Ongoing measles and rubella transmission in Georgia, 2004-05: implications for the national and regional elimination efforts. Int J Epidemiol 2009;38:182-91.
  • World Health Organization. Surveillance guidelines for measles, rubella and congenital rubella syndrome in the WHO European Region. Copenhagen, Denmark: World Health Organization Regional Office for Europe; 2009. Available at <http://www.euro.who.int/__data/assets/pdf_file/0018/79020/E93035.pdf>. Accessed November 23, 2011.
  • CDC. Measles-United States, January-May 20, 2011. MMWR 2011; 60:666-8.
  • Panamerican Health Organization. Measles and rubella surveillance in the Americas. Measles/Rubella Wkly Bull 2011;17. Available at <http://new.paho.org/hq/dmdocuments/2011/sme1717.pdf>. Accessed November 23, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ