一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)ヒトエンテロウイルス68による急性呼吸器疾患の群発・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/30Vol. 60 / No. 38

MMWR60(38):1301-1304
Clusters of Acute Respiratory Illness Associated with Human Enterovirus 68 - Asia, Europe, and United States, 2008-2010

ヒトエンテロウイルス68による急性呼吸器疾患の群発-アジア、ヨーロッパおよびアメリカ、2008~2010年

2008~2010年に発生したヒトエンテロウイルス68(HEV68)による呼吸器疾患の群発について報告する。HEV68はヒトライノウイルス(HRV)と疫学と生物学的特徴を共有する唯一のエンテロウイルスである。1962年にカリフォルニア州にて初めて気管支炎および肺炎小児例4例から検出され、その後ほとんど報告されていなかったが、2008~2010年にアジア、ヨーロッパおよびアメリカにてHEV68による呼吸器疾患のアウトブレイクが報告された。アジアではフィリピンにて2008年10月~2009年3月にかけてビサヤ諸島東部にて発生、肺炎で入院した816例の臨床検体のうち21検体(2.6%)がRT-PCR法にてHEV68陽性を示した。感染例のうち17例(81%)は0~4歳の小児であり、咳、呼吸困難、喘鳴、退縮などの症状を呈し、2例が死亡した。日本では2005年に初症例が報告され、2010年まで毎年数例(10例以下)報告されていたが、2010年に症例が急増し、全国から120例が報告された。臨床データの明らかなHEV68陽性小児例(11例)では、10例が急性呼吸器疾患、1例が熱性痙攣と診断された。年齢は10例が0~4歳であり、1例(4歳男児)が死亡している。ヨーロッパではオランダにて2010年8~11月、ライノウイルス陽性検体に突然変異検査として塩基配列の分析を行ったところ、急性呼吸器疾患24例の検体がHEV68陽性を示した。12例が20歳以上の成人であり、80%の症例に慢性疾患の合併を認めた。死亡例は認めていない。また、アメリカではジョージア州アトランタの病院が呼吸器ウイルスの新しい検査法を導入し、68検体を検査したところ、62検体(91.2%)にてHRV、6検体(8.8%)にてHEV68が検出された。この6例のうち3例が入院したが、ICU入院例はなく、死亡例も認めていない。ペンシルベニア州では2009年9月、小児66例の呼吸器検体をCDCに送付して検査した結果、28例(42%)にてHEV68が検出された。15例が0~4歳の小児であり、ICUへの入院を要した症例は15例であったが、死亡例は認めていない。さらにアリゾナ州では2010年8~9月、呼吸器疾患により入院する小児が例年に比べ多く認められたことから、7例の鼻咽頭検体をCDCに送付して検査したところ、5例にてHEV68が検出された。HEV68による感染症は軽症から重症まで幅広く、死に至る症例も認められることから、ウイルス性呼吸器疾患として認識すべき疾患である。

References

  • Oberste MS, Maher K, Schnurr D, et al. Enterovirus 68 is associated with respiratory illness and shares biological features with both the enteroviruses and the rhinoviruses. J Gen Virol 2004;85:2577-84.
  • Schieble JH, Fox VL, Lennette EH. A probable new human picornavirus associated with respiratory disease. Am J Epidemiology 1967; 85:297-310.
  • Imamura T, Fuji N, Suzuki A, et al. Enterovirus 68 among children with severe acute respiratory infection, Philippines. Emerg Infect Dis 2011;7:1430-5.
  • Kaida A, Kubo H, Sekiguchi J, et al. Detection of enterovirus 68 from infants with respiratory infection and febrile convulsion [Japanese]. Infect Agents Surveil Rep 2010;31:300.
  • Ryu H, Yukie S, Yoshinori K, et al. Detection of enterovirus 68 from the throat swab of a patient who died of cardiopulmonary arrest of unknown origin [Japanese]. Infect Agents Surveil Rep 2010;31:361.
  • Petitjean-Lecherbonnier J, Dina J, Nguyen E, et al. Molecular diagnosis of respiratory enterovirus infections: use of PCR and molecular identification for a best approach of the main circulating strains during 2008. Pathol Biol (Paris) 2011;59:113-21.
  • CDC. Enterovirus surveillance-United States, 1970-2005. MMWR 2006;55(No. SS-8).
  • Wang Y, Cheng H, Chen H, et al. Circulating viruses associated with severe complicated enterovirus infection in Taiwan. Pediatr Infect Dis J 2010;29:334-9.
  • Kreuter JD, Barnes A, McCarthy JE, et al. A fatal central nervous system enterovirus 68 infection. Arch Pathol Lab Med 2011;135:793-6.
  • Lu X, Holloway B, Dare RK, et al. Real-time reverse transcription-PCR assay for comprehensive detection of human rhinoviruses. J Clin Microbiol 2008;46:533-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ