一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)慢性閉塞性肺疾患による死亡-米国、2000~200・・・

MMWR抄訳

rss

2008/11/14Vol. 57 / No. 45

MMWR57(45):1229-1232
Deaths from Chronic Obstructive Pulmonary Disease - United States, 2000-2005

慢性閉塞性肺疾患による死亡-米国、2000~2005年

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は正常な呼吸を妨げる気道閉塞を伴う進行の遅い疾患群である。2005年、米国では死亡者20例中約1例がCOPDを死因としていた。また喫煙はCOPDによる死亡の75%以上に関与すると推定されている。2000~2005年におけるCOPDによる死亡の全国推定値を更新するため、CDCはNational Vital Statistics System(NVSS)のデータを分析した。この期間中、25歳以上の死亡者718,077例がCOPDを死因としていた。2005年のCOPDを死因とした25歳以上の死亡者は126,005例と推定され、2000年の116,494例に比べ8%増加した。この期間中の年齢調整COPD死亡率は全体としては安定していたが、男性は低下し女性は増加した。各年とも死亡率は男性が女性より高かったが(2005年:男性77.3%、女性56.0%)、死亡者数は女性のほうが多かった(2005年:男性60,812例、女性65,193例)。人種別COPD死亡率は白人が他の人種より高く、2005年の死亡率は白人男性が80.2%、黒人男性が63.8%、白人女性が60.3%、黒人女性が29.9%であった。2005年の州別年齢調整COPD死亡率(10万人あたり)は27.1(ハワイ州)~93.6(オクラホマ州)であった。COPDによる死亡者数と死亡率を低下させるため、公衆衛生プログラムは受動喫煙を含む喫煙、作業環境での塵や化学物質、その他のCOPDに関連する屋内外の大気汚染物質への曝露を減少させる努力を続ける必要がある。

References

  • Rennard SI. COPD: overview of definitions, epidemiology, and factors influencing its development. Chest 1998;113(Suppl 4):235-41s.
  • CDC. Annual smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 1997-2001. MMWR 2005;54:625-8.
  • Miller JD, Foster T, Boulanger L, et al. Direct costs of COPD in the U.S.: an analysis of Medical Expenditure Panel Survey (MEPS) data. COPD 2005;2:311-8.
  • Celli BR. Update on the management of COPD. Chest 2008;133:1451-62.
  • Mannino DM, Homa DM, Akinbami LJ, Ford ES, Redd SC. Chronic obstructive pulmonary disease surveillance-United States, 1971-2000. Respir Care 2002;47:1184-99.
  • Shopland DR. Tobacco use and its contribution to early cancer mortality with a special emphasis on cigarette smoking. Environ Health Perspect 1995;103(Suppl 8):131-42.
  • Sin DD, Cohen SB, Day A, Coxson H, Pare PD. Understanding the biological differences in susceptibility to chronic obstructive pulmonary disease between men and women. Proc Am Thorac Soc 2007;4:671-4.
  • Balmes J, Becklake M, Blanc P, et al. American Thoracic Society Statement: occupational contribution to the burden of airway disease. Am J Respir Crit Care Med 2003;167:787-97.
  • O’Donnell DE, Aaron S, Bourbeau J, et al. Canadian Thoracic Society recommendations for management of chronic obstructive pulmonary disease-2007 update. Can Respir J 2007;14(Suppl B):5-32B.
  • Lopez AD, Shibuya K, Rao C, et al. Chronic obstructive pulmonary disease: current burden and future projections. Eur Respir J 2006;27:397-412.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ