一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)HIV発症率サーベイランスシステムから推定される症・・・

MMWR抄訳

rss

2008/09/12Vol. 57 / No. 36

MMWR57(36):985-989
Subpopulation Estimates from the HIV Incidence Surveillance System - United States, 2006

HIV発症率サーベイランスシステムから推定される症例集団-アメリカ、2006年

CDC はHIV/AIDSの全国的な報告システムの一部として、国内の選択地域におけるHIV発生率のサーベイランスシステムを確立させ、その数値から毎年、全国における新たなHIV感染数を推定している。2006年の最新データでは、新規症例の73%を男性が占めており、45%が黒人、53%が男性同性愛者 (MSM)である。CDCがこのデータを年齢、人種/民族、HIV感染経路についてさらに詳細な分析を行った結果、新規症例(54,230例)は男性: 39,820例、女性:14,410例であり、人種別では黒人:46%(24,920例)、白人:36%(19,580例)、ラテン系:18% (9,730例)、男性では黒人:40%、白人:41%、ラテン系:19%、女性では黒人:61%、白人:23%、ラテン系:16%と、男女ともに黒人での感染率が高かった(それぞれ10万人あたり115.7、55.7)。黒人男性での発症数は白人男性の5.9倍、とくに13~29歳では7.1倍と高く、黒人女性は白人女性の14.7倍、ラテン系男性および女性はそれぞれ白人男性、女性の2.2、3.8倍であった。感染経路は女性ではハイリスク異性間性行為[HIV感染者またはHIV感染ハイリスク(MSM、静注ドラッグ使用者)との性行為]が80%、男性ではMSMが72%(白人:81%、黒人: 63%、ラテン系:72%)と最も高く、また、MSMは人種別では白人46%、黒人:35%、ラテン系:19%であり、13~29歳では黒人が48%を占めていた。このような全国的なHIV発症数の分析から、HIV感染に対する予防プログラムを見直し、感染リスクの高い症例集団に対するより効率的な予防措置の推進が可能となると考えられる。

References

  • Lee LM, McKenna MT. Monitoring the incidence of HIV infection in the United States. Public Health Rep 2007;122(Suppl 1):72-9.
  • Hall HI, Song R, Rhodes P, et al; HIV Incidence Surveillance Group. Estimation of HIV incidence in the United States. JAMA 2008;300:520-9.
  • Janssen RS, Satten GA, Stramer SL, et al. New testing strategy to detect early HIV-1 infection for use in incidence estimates and for clinical and prevention purposes. JAMA 1998;280:42-8.
  • Parekh BS, Kennedy MS, Dobbs T, et al. Quantitative detection of increasing HIV type I antibodies after seroconversion: a simple assay for detecting recent HIV infection and estimating incidence. AIDS Res Hum Retroviruses 2002;18:295-307.
  • Karon JM, Song R, Kaplan E, Brookmeyer R, Kaplan EH, Hall HI. Estimating HIV incidence in the United States from HIV/AIDS surveillance data and biomarker HIV test results. Stat Med 2008;27:4617-33.
  • National Center for Health Statistics. Bridged-race vintage 2006 postcensal population estimates for July 1, 2000-July 1, 2006, by year, county, single-year of age, bridged-race, Hispanic origin, and sex. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/about/major/dvs/popbridge/datadoc.htm#vintage2006>.
  • Green TA. Using surveillance data to monitor trends in the AIDS epidemic. Stat Med 1998;17:143-54.
  • Rubin DB. Multiple imputation for nonresponse in surveys. New York, NY: John Wiley and Sons, Inc.; 1987.
  • CDC. Racial/ethnic disparities in diagnoses of HIV/AIDS-33 states, 2001-2005. MMWR 2007;56:189-93.
  • CDC. Trends in HIV/AIDS diagnoses among men who have sex with men-33 states, 2001-2006. MMWR 2008;57:681-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ