一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)全国、州および地域における生後19-35ヶ月の小児・・・

MMWR抄訳

rss

2008/09/05Vol. 57 / No. 35

MMWR57(35):961-966
National, State, and Local Area Vaccination Coverage Among Children Aged 19-35 Months - United States, 2007

全国、州および地域における生後19-35ヶ月の小児におけるワクチン接種率-アメリカ、2007年

アメリカ50州および一部地域における生後19~35ヶ月の小児におけるワクチン接種率を調査しているNational Immunization Survey(NIS)の2007年の調査結果を報告する。Healthy People 2010は複合4:3:1:3:3:1ワクチンシリーズ(ジフテリア・破傷風トキソイド・百日咳ワクチン=4回、ポリオウイルスワクチン=3回、麻疹・ムンプス・風疹ワクチン=1回、b型インフルエンザワクチン=3回、B型肝炎ワクチン=3回、水痘ワクチン=1回)に含まれる各ワクチンの接種率目標を90%、複合ワクチンシリーズの接種率目標を80%としている。今回の調査は2004年1月~2006年7月に出生した小児を対象とした。全国の4:3:1:3:3:1ワクチンシリーズ接種率は77.4%で、2004年以降安定していた。今回初めて報告された複合4:3:1:3:3:1:4ワクチンシリーズ(4:3:1:3:3:1シリーズ+7価結合型肺炎球菌ワクチン[PCV7]=4回)の接種率は66.5%であった。また4:3:1:3: 3:1シリーズに含まれる各ワクチン接種率は、DTaP(ジフテリア・破傷風トキソイド・百日咳ワクチン)=4回が84.5%であったが、それ以外はすべて90%以上であった。大多数の親が子供に予防接種を受けさせており、生後19~35ヶ月の小児におけるワクチン未接種率は1%未満であった。ワクチン接種率は州、地域によってかなり差があり、4:3:1:3:3:1シリーズの州別接種率は63.1%(ネバダ州)~91.3%(メリーランド州)、調査した14地域における接種率は69.6%(カリフォルニア州サンバーナディーノ)~82.2%(ペンシルベニア州フィラデルフィア)であった。接種率は全ての人種/民族で高く、貧困状態調整後の人種/民族間で有意差はみられなかった。しかし一部のワクチン(DTaP=4回、PCV7=4回)の接種率は貧困レベル未満の小児が同レベル以上の小児に比べ依然として低かった。予防可能疾患の拡大を制限し確実に小児を防護するためには高い接種率の維持と貧困格差を減少させるための努力が必要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at http://www.healthypeople.gov/document/html/objectives/14-24.htm.
  • CDC. Recommendations and guidelines: 2008 child & adolescent immunization schedules for persons aged 0-6 years, 7-18 years, and catch-up schedule. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at http://www.cdc.gov/vaccines/recs/schedules/child-schedule.htm.
  • CDC. Statistical methodology of the National Immunization Survey, 1994-2002. Vital Health Stat 2005;2(138). Available at http://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_02/sr02_138.pdf.
  • Ezzati-Rice TM, Frankel MR, Hoaglin DC, Loft JD, Coronado VG, Wright RA. An alternative measure of response rate in random-digitdialing surveys that screen for eligible subpopulations. J Econ Soc Meas 2000;26:99-109.
  • CDC. Preventing pneumococcal disease among infants and young children: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2000;49(No. RR-9).
  • CDC. Pneumococcal conjugate vaccine shortage resolved. MMWR 2004; 53:851-2.
  • Briss PA, Rodewald LE, Hinman AR, et al. Reviews of evidence regarding interventions to improve vaccination coverage in children, adolescents, and adults. The Task Force on Community Preventive Services. Am J Prev Med 2000;18:97-140.
  • CDC. Update: measles-United States, January-July 2008. MMWR 2008;57:893-6.
  • Cooper LZ, Larsen HJ, Katz SL. Protecting public trust in immunization. Pediatrics 2008;122:149-53.
  • CDC. Measles-United States, January 1-April 25, 2008. MMWR 2008; 57:494-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ