一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)火災以外の過失による非致死性一酸化炭素暴露-アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2008/08/22Vol. 57 / No. 33

MMWR57(33):896-899
Nonfatal, Unintentional, Non-Fire-Related Carbon Monoxide Exposures - United States, 2004-2006

火災以外の過失による非致死性一酸化炭素暴露-アメリカ、2004~2006年

一酸化炭素(CO)は炭化水素の不完全燃焼によって発生する無色無臭の非刺激性ガスである。米国においてCO中毒は過失による中毒死の主要因であり、1999~2004年には毎年約450例が死亡し、2001~2003年には毎年約15,200例が救急診療部(ED)を受診した。CO暴露の健康への影響は、ウイルス様症状(疲労、めまい、頭痛、錯乱、悪心)からより重篤な症状(見当識障害、意識消失、長期神経障害、昏睡、呼吸循環不全、死)まで様々である。CO中毒の症状は非特異的なため、見過ごされたり誤診されたりする場合がある。CDCはCO暴露に関する以前の報告を更新し、2004~2006年のCO関連ED受診状況を調査するため、National Electronic Injury Surveillance System-All Injury Program(NEISS-AIP)データベースに掲載されているデータを分析した。2004~2006年、火災以外の過失による非致死性CO暴露による年間ED受診者数は平均約20,636例であった。全体の68.5%はCO中毒、30.6%はCO暴露、0.9%はCO暴露の可能性例と分類された。人口10万人あたりの年間CO関連ED受診率は全体で7.0例であり、年齢別では5歳未満群が最も高かった(11.6例)。成人では25~34歳群の受診率が最も高く(10.4例)、高齢になるほど受診率は低下した。女性は男性に比べ受診率が高かった(それぞれ7.2例、6.7例)。全体の90.4%は検査・治療後帰宅したが、8.2%は入院、あるいは特別なケアのため他の病院へ輸送された。72.8%は家庭での暴露であり、41.4%は冬季(12月~2月)に発生した。今後、住宅関連および季節的なCO暴露をターゲットとした予防の努力によりCO関連罹病率はかなり低下する可能性がある。

References

  • US Environmental Protection Agency. Basic information: carbon monoxide (CO). Available at <http://www.epa.gov/iaq/co.html>.
  • CDC. Carbon monoxide-related deaths-United States, 1999-2004. MMWR 2007;56:1309-12.
  • CDC. Unintentional non-fire-related carbon monoxide exposures- United States, 2001-2003. MMWR 2005;54:36-9.
  • CDC. Carbon monoxide: a model environmental public health indicator. The National Workgroup on Carbon Monoxide Surveillance. Augusta, ME: Maine Department of Health and Human Services; 2006. Available at <http://www.maine.gov/dhhs/eohp/epht/documents/CO_WHITE.pdf>.
  • Raub JA, Mathieu-Nolf M, Hampson NB. Carbon monoxide poisoning- a public health perspective. Toxicology 2000;145:1-14.
  • US Consumer Product Safety Commission. The NEISS sample (design and implementation) 1997 to present 2001. Bethesda, MD: US Consumer Product Safety Commission; 2001. Available at <http://www.cpsc.gov/neiss/2001d011-6b6.pdf>.
  • Daley WR, Smith A, Paz-Argandona E, Malilay J, McGeehin M. An outbreak of carbon monoxide poisoning after a major ice storm in Maine. J Emerg Med 2000;18:87-93.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ