一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)男性同性愛者におけるHIV-AIDS診断の傾向-3・・・

MMWR抄訳

rss

2008/06/27Vol. 57 / No. 25

MMWR57(25):681-686
Trends in HIV/AIDS Diagnoses Among Men Who Have Sex with Men - 33 States, 2001-2006

男性同性愛者におけるHIV-AIDS診断の傾向-33州、2001~2006年

2008年に、CDCは少なくとも2001年以降、記名に基づくHIV症例報告を行っている33州において、男性同性愛者(MSM)間でのHIV/AIDS診断の傾向分析を行った。これら33州では2001~2006年に214,379例がHIV/AIDSの診断を受け、そのうち46%(97,577例)がMSMであり、4%は違法注射薬を使用(IDU)しているMSMであった。MSM(MSM+IDUは除く)以外の伝播カテゴリー(ハイリスク異性愛者、IDU)では診断数減少がみられた。MSMは全男性患者の63%を占め、MSM患者の64%は25~44歳であった。この期間中、MSMにおける診断数は8.6%増加した(2001年:16,081例、2006年:17,465例、推定年変化率[EAPC]=1.5)。また全ての黒人MSMにおけるHIV/AIDS診断数は12.4%(EAPC=1.9)増加し、特に13~24歳の黒人MSMでは93.1%(EAPC=14.9)増加した。13~24歳の黒人MSMにおける診断数(7,658例)は13~24歳の白人MSM(3,221例)の約2倍であった。もっとも増加率が高かったのは13~24歳のアジア/太平洋諸島系MSMであった(255.6%[EAPC=30.8])。EAPCで評価した場合、アメリカンインディアン/アラスカ原住民以外の全ての人種/民族集団における13~24歳のMSM、また黒人、ラテンアメリカ系、アジア/太平洋諸島系MSMの全年齢層で、診断数の有意な増加がみられた。米国におけるHIV/AIDSの影響を低下させるために、MSM間でのHIV感染およびその伝播リスクの低下と感染MSMにおける治療促進を目的としたHIV予防サービスを強化、拡大する必要がある。

References

  • CDC. HIV/AIDS Reporting System (HARS) user manual. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2000.
  • Green TA. Using surveillance data to monitor trends in the AIDS epidemic. Stat Med 1998;17:143-54.
  • Lee LM, McKenna MT. Monitoring the incidence of HIV infection in the United States. Public Health Rep 2007;122(Suppl 1):72-9.
  • CDC. HIV/AIDS surveillance report, 2006. Vol. 18. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008:12. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports>.
  • Torian L, Bennani1 Y, Wethers J, Schwendemann J, Nash D. Use of the serologic testing algorithm for recent HIV seroconversion to assess specificity of routine surveillance to detection of incident vs prevalent HIV: evaluation of the first 2 years of named HIV reporting, New York City, June 1, 2000 to June 30, 2002. 11th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections, 2004. Session 135 poster abstract. Available at <http://www.retroconference.org/2004/cd/abstract/964.htm>.
  • Marks G, Crepaz N, Senterfitt JW, Janssen RS. Meta-analysis of high-risk sexual behavior in persons aware and unaware they are infected with HIV in the United States: implications for HIV prevention programs. J Aquir Immune Defic Syndr 2005;39:446-53.
  • Glynn M, Rhodes P. Estimated HIV prevalence in the United States at the end of 2003 [Abstract T1-B1101]. Programs and abstracts of the 2005 National HIV Prevention Conference; June 12-15, 2005; Atlanta, GA. Available at <http://www.aegis.com/conferences/nhivpc/2005/t1b1101.html>.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • Fleming DT, Wasserheit JN. From epidemiological synergy to public health policy and practice: the contribution of other sexually transmitted diseases to sexual transmission of HIV infection. Sex Transm Infect 1999;75:3-17.
  • Jones KT, Gray P, Whiteside YO, et al. Evaluation of an HIV prevention intervention adapted for black men who have sex with men. Am J Public Health 2008;98:1043-50.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ