一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)石油およびガスの採掘労働者の死亡数-アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2008/04/25Vol. 57 / No. 16

MMWR57(16):429-431
Fatalities Among Oil and Gas Extraction Workers - United States, 2003-2006

石油およびガスの採掘労働者の死亡数-アメリカ、2003-2006年

アメリカでは石油や天然ガスの採掘は成長産業の1つであり、2006年の労働者は約38万人である。1990年代には稼働する掘削装置は約800であったが、2003~2006年には約1,300に増加している。2005年8月、U.S. Department of Labor’s Bureau of Labor Statistics(BLS)は石油およびガス採掘労働者の死亡率が15%増加(2003年:85名、2004年:98名)した原因について、CDCへ調査を依頼した。BLS Census of Fatal Occupational Injuries(CFOI)の2003~2006年のデータを分析した結果、この期間における石油およびガス採掘労働者の死亡者数は404名であり、死亡率は労働者10万人あたり30.5であった。死因は高速道路における運搬車両の事故が最も多く(110名、27%)、次いで採掘用具や機材による事故(88名、22%)、爆発事故(36名、9%)、転落事故(30名、7%)、火災(27名、7%)、稼働中の機械類への巻き込みや圧縮(26名、6%)と続いていた。州別ではテキサス (153名、38%)が最も多く、次いでルイジアナ(49名、21%)、オクラホマ(43名、11%)、ワイオミング(32名、8%)、ニューメキシコ(22名、5%)と続き、労働者10万人あたりの死亡率ではワイオミング(58.5)、ニューメキシコ(45.2)が高く、オクラホマ(33.3)、ルイジアナ(29.2)、テキサス(25.3)と続いていた。高速道路における車両事故は衝突事故:40(36%)、非衝突事故:42(38%)、その他:28(26%)となっており、事故の3/4(82、75%)は軽トラック[小型トラック、配送用トラック:55(50%)]、セミトラクタートラック:27(25%)によるものであった。また、39名(35%)はシートベルトを装着しておらず、13名(12%)も装着していなかった可能性が示唆されている。死亡者の約1/4(116、29%)は従業員が10名以下の会社で働いており、112名(28%)は雇用期間が1年未満の労働者であった。死亡事故の減少には労働条件の見直しや採掘工程における安全性の強化とともに、労働者に対する安全指導の徹底も重要な要素であり、CDCはNational Occupational Research Agenda Oil and Gas Extraction Sub Councilの活動を支援する方針である。

References

  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. Quarterly Census of Employment and Wages. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2008. Available at <http://data.bls.gov/labjava/outside.jsp?survey=en>.
  • Baker Hughes, Inc. Rig counts. Available at <http://investor.shareholder.com/bhi/rig_counts/rc_index.cfm>.
  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. All charts, Census of Fatal Occupational Injuries, 2004. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2006. Available at <http://www.bls.gov/iif/oshwc/cfoi/cfch0003.pdf>.
  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. Injuries, illnesses, and fatalities: Census of Fatal Occupational Injuries (CFOI)-current and revised data. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2008. Available at <http://www.bls.gov/iif/oshcfoi1.htm>.
  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. Technical note. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2007. Available at <http://www.bls.gov/news.release/cfoi.tn.htm>.
  • CDC. The oil and gas extraction industry: recent fatal injury data and areas for action [Abstract]. In: NORA Symposium 2006, Research Makes a Difference. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2006. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/nora/symp06/pdfs/norasymposium2006book.pdf>.
  • Curlee CK, Broulliard SJ, Marshall ML, Knode TL, Smith SL. Upstream onshore oil and gas fatalities: a review of OSHA’s database and strategic direction for reducing fatal incidents. Galveston, TX: Society of Petroleum Engineers, Inc.; 2005. Available at <http://www.spe.org/elibrary/servlet/spepreview?id=SPE-94416-MS>.
  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. All charts, Census of Fatal Occupational Injuries, 2006. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2008. Available at <http://www.bls.gov/iif/oshwc/cfoi/cfch0005.pdf>.
  • MacLean AW, Davies DR, Thiele K. The hazards and prevention of driving while sleepy. Sleep Med Rev 2003;7:507-21.
  • CDC. Comprehensive safety recommendations for land-based oil and gas well drilling. Morgantown, WV: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 1983. NIOSH publication no. 83-127. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/83-127.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ