一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)紛争地域における小児の急性栄養失調、死亡率、人道的・・・

MMWR抄訳

rss

2017/12/08Vol. 66 / No. 48

MMWR66(48):1332-1335
Acute Malnutrition Among Children, Mortality, and Humanitarian Interventions in Conflict-Affected Regions — Nigeria, October 2016–March 2017

紛争地域における小児の急性栄養失調、死亡率、人道的介入 ― ナイジェリア、2016年10月~2017年3月

2016年6月、ナイジェリア連邦保健省は、武装勢力ボコ・ハラムから新たに解放されたナイジェリア北部地域にて、野生型ポリオウイルスおよび麻疹のアウトブレイクと危機閾値を超える急性栄養不良の発生を確認したとして、公衆衛生上の緊急事態を宣言した。国連は同年8月に危機レベルを3に引き上げた。2016年秋~2017年冬、ナイジェリア国家統計局は、国家人口委員会および連邦保健省、UNICEF、CDCと共に、ナイジェリア北部ボルノ州およびヨベ州において、小児死亡率および急性栄養失調率、感染症罹患率、人道的介入についてモニタリング調査を行った。本報告は、2016年10月11日~11月17日、2017年2月13日~3月29日の2回の調査結果について報告する。調査世帯はクラスター抽出によりボルノ州にて1回目1,719世帯(0~59カ月の小児1,557名を含む)および2回目1,729世帯(小児1,813名)、ヨベ州にて1回目1,667世帯(小児1,692名)および2回目2,393世帯(2,729名)を調査した。全急性栄養失調率は地域によって異なり、1回目調査では8.9~14.3%、2回目調査で6.4~8.6%であった。全年齢の全死因を含む粗死亡率および5歳未満児死亡率は、全ての地域で1回目より2回目が上昇した。2回目調査では、粗死亡率はボルノ州中央地域、ヨベ州中央および北部地域で危機閾値(1日1万人あたり1人)を超え、5歳未満児死亡率はボルノ州中央地域およびヨベ州全域で危機閾値(1日1万人あたり2人)を超えた。人道的介入の指標として、2回目調査時の12~59カ月児における麻疹の予防接種率および駆虫薬の予防的投与率は1回目から有意に上昇したものの目標レベルには届いておらず、栄養強化シリアルの分配率には変化がなかった。また、5歳未満児における下痢の罹患率および治療率から、ボルノ州首都圏以外の地域では小児の一般的疾患の治療率は依然として低いことが示された。以上、本調査により、紛争地域において特に小児の死亡率が極めて高く、危機の深刻さと医療サービス等の人道的介入の拡大の必要性が強調された。

References

  • World Health Organization. Health emergencies: WHO response in severe, large-scale emergencies. Director General’s report no. EB 140/7. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/EB140/B140_7-en.pdf>
  • World Health Organization. Nigerian conflict: armed conflict in the North-East. Situation report #28. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <https://reliefweb.int/report/nigeria/nigerian-conflict-armed-conflict-northeast-situation-report-28-1-30-april-2017>
  • United Nations Department of Technical Co-Operation for Development and Statistical Office. How to weigh and measure children: assessing the nutritional status of young children in household surveys. New York, NY: United Nations; 1986. <https://unstats.un.org/unsd/publication/unint/dp_un_int_81_041_6E.pdf>
  • World Health Organization. The WHO child growth standards: length/ height-for-age, weight-for-age, weight-for-height and body mass index for- age: methods and development. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2006. <http://www.who.int/childgrowth/standards>
  • World Health Organization. The management of nutrition in major emergencies. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2000. <http://www.who.int/nutrition/publications/emergencies/9241545208/en/>
  • Borno State Ministry of Health; World Health Organization. Health Resource Availability Monitoring System: Borno State Nigeria. Maiduguri, Nigeria: Borno State Ministry of Health; 2017. <http://www.who.int/hac/herams/north-eastern-Nigeria.pdf?ua=1>
  • Famine Early Warning System Network. Nigeria food security outlook: October 2016 to May 2017: famine may be ongoing in inaccessible areas of the northeast. Washington, DC: United States Agency for International Development, FEWS NET; 2016. <http://www.fews.net/west-africa/nigeria/food-security-outlook/december-2016>
  • Bhutta ZA, Ahmed T, Black RE, et al.; Maternal and Child Undernutrition Study Group. What works? Interventions for maternal and child undernutrition and survival. Lancet 2008;371:417–40. <https://doi. org/10.1016/S0140-6736(07)61693-6>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ