一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)違法な実験室を捜査中の捜査員における合成カンナビノ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/12/01Vol. 66 / No. 47

MMWR66(47):1291-1294
Synthetic Cannabinoid and Mitragynine Exposure of Law Enforcement Agents During the Raid of an Illegal Laboratory — Nevada, 2014

違法な実験室を捜査中の捜査員における合成カンナビノイドおよびミトラギニン曝露 ― ネバダ州、2014年

「Spice」の俗称で知られる合成カンナビノイド(SC)はマリファナの精神賦活作用を模造した合成麻薬であり、意図的使用により多くの毒性をもたらす。今回、ネバダ州にて連邦捜査員が違法SC実験室の捜査後、興奮と気分高揚を来したと報告され、CDCのNational Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH)は2014年、職業的SC曝露による健康ハザードについて評価を行った。捜査には9名[全員男性、平均年齢45(35~60)歳]が参加、現在の職歴は平均9(4~19)年であり、全員が以前に捜査でSCを取り扱った経験があり、約半数はその際に咳、眼の痒み、喉の炎症、めまいまたは意識朦朧などの症状を来していた。また、4名は気分の高揚を報告、うち3名はイライラ感、物忘れ、集中力の欠如などの症状があった。今回の捜査ではNIOSHが評価している間、9名は全員SC化合物を処理するかまたは同室にいた。SC化合物を処理する際、2名は常に手袋をしていたが、5名はときどき/またはであり、2名は手袋をしていなかった。マスクに関しては6名が仕事中ときどき着用していた。捜査後、4名の尿中にAB-PINACA(SC化合物)または代謝物、6名の尿中にミトラギニンが検出され、もっとも高濃度のSC代謝物が検出された捜査官は手袋を着用していなかった。捜査員をSC曝露から守るためには最低限の個人用保護具(手袋、防護服)を着用し、また、汚染の軽減および自宅での曝露を避けるためシャワーや更衣室が必要である。

References

  • Riederer AM, Campleman SL, Carlson RG, et al.; Toxicology Investigators Consortium. Acute poisonings from synthetic cannabinoids—50 U.S. Toxicology Investigators Consortium registry sites, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:692–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6527a2>
  • CDC. Notes from the field: severe illness associated with synthetic cannabinoid use—Brunswick, Georgia, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:939.
  • Adams AJ, Banister SD, Irizarry L, Trecki J, Schwartz M, Gerona R. “Zombie” outbreak caused by the synthetic cannabinoid AMB-FUBINACA in New York. N Engl J Med 2017;376:235–42. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1610300>
  • CDC. Acute kidney injury associated with synthetic cannabinoid use—multiple states, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:93–8.
  • Hermanns-Clausen M, Kneisel S, Szabo B, Auwärter V. Acute toxicity due to the confirmed consumption of synthetic cannabinoids: clinical and laboratory findings. Addiction 2013;108:534–44. <https://doi.org/10.1111/j.1360-0443.2012.04078.x>
  • Hassan Z, Muzaimi M, Navaratnam V, et al. From kratom to mitragynine and its derivatives: physiological and behavioural effects related to use, abuse, and addiction. Neurosci Biobehav Rev 2013;37:138–51. <https://doi.org/10.1016/j.neubiorev.2012.11.012>
  • Hillebrand J, Olszewski D, Sedefov R. Legal highs on the Internet. Subst Use Misuse 2010;45:330–40. <https://doi.org/10.3109/10826080903443628>
  • Dobaja M, Grenc D, Kozelj G, Brvar M. Occupational transdermal poisoning with synthetic cannabinoid cumyl-PINACA. Clin Toxicol (Phila) 2017;55:193–5. <https://doi.org/10.1080/15563650.2016.1278224>
  • Witter RZ, Martyny JW, Mueller K, Gottschall B, Newman LS. Symptoms experienced by law enforcement personnel during methamphetamine lab investigations. J Occup Environ Hyg 2007;4:895–902. <https://doi.org/10.1080/15459620701693516>
  • Thornton SL, Akpunonu P, Glauner K, Hoehn KS, Gerona R. Unintentional pediatric exposure to a synthetic cannabinoid (AB-PINACA) resulting in coma and intubation. Ann Emerg Med 2015;66:343–4. <https://doi.org/10.1016/j.annemergmed.2015.05.021>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ