一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)飲料水に関連した水系感染症アウトブレイクの調査 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/10Vol. 66 / No. 44

MMWR66(44):1216-1221
Surveillance for Waterborne Disease Outbreaks Associated with Drinking Water — United States, 2013–2014

飲料水に関連した水系感染症アウトブレイクの調査 ― アメリカ、2013~2014年

アメリカでは、安全な水の提供は公衆衛生の保護のために不可欠である。アメリカの州および準州の公衆衛生局は、National Outbreak Reporting Systemを通じて、水系アウトブレイクに関する情報をCDCへ報告している。 2013年から2014年までに、19州から42件の飲料水関連アウトブレイクが報告され、これらのアウトブレイクは、少なくとも1,006例の疾患、124例の入院、13例の死亡の原因となった。Legionellaは24件(57%)のアウトブレイクに関与し、130例の疾患、109例の入院、死亡した13例すべての原因であった。2つの寄生虫に起因する8件のアウトブレイク(289例、29%)のうち、Cryptosporidiumが279例(97%)、Giardia duodenalisが10例(3%)であった。化学物質と毒素は4件のアウトブレイク(499例、このうち入院は13例)に関与し、飲料水中の藻類毒素との関連が初めて報告されたアウトブレイク(2件のアウトブレイク)も含まれた。最も多く報告されたアウトブレイクの病因はLegionellaで、一般的によくみられる疾患である急性呼吸器疾患を引き起こした。83%のアウトブレイクは公衆(規制された)、地域社会、非地域社会の水系が関与し、7%は未規制の個人の水道であった。飲料水関連のアウトブレイクに起因する1,006症例のうち、50%が化学物質または毒素曝露に関連し、29%が寄生虫感染(CryptosporidiumまたはGiardia)によって引き起こされ、13%がLegionella感染に起因した。大半の症例(79%)は、地表水のみによって供給される水系におけるアウトブレイクであった。症例の86%は、急性胃腸疾患であった。処理による汚染物質の除去が期待できないアウトブレイクは3件(7%)で、化学物質または毒素と関連し、すべてのアウトブレイク関連症例の48%を占めた。飲料水の汚染事象は、水道サービスの中断、公衆衛生への大きな影響、および飲料水質に関する地域社会の懸念を持続させる可能性がある。効果的な水処理と規制は、アメリカの公的な飲料水の供給を保護し、迅速な検出、原因の特定、疾患報告への対応は、感染病原体および有害な化学物質や毒素の伝播を減少させる可能性がある。

References

  • Cutler D, Miller G. The role of public health improvements in health advances: the twentieth-century United States. Demography 2005;42:1–22. <https://doi.org/10.1353/dem.2005.0002>
  • Whelton AJ, McMillan L, Connell M, et al. Residential tap water contamination following the Freedom Industries chemical spill: perceptions, water quality, and health impacts. Environ Sci Technol 2015;49:813–23. <https://doi.org/10.1021/es5040969>
  • DeSilva MB, Schafer S, Kendall Scott M, et al. Communitywide cryptosporidiosis outbreak associated with a surface water-supplied municipal water system—Baker City, Oregon, 2013. Epidemiol Infect 2016;144:274–84. <https://doi.org/10.1017/S0950268815001831>
  • Beer KD, Gargano JW, Roberts VA, et al. Surveillance for waterborne disease outbreaks associated with drinking water—United States, 2011–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:842–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6431a2>
  • Garrison LE, Kunz JM, Cooley LA, et al. Vital signs: deficiencies in environmental control identified in outbreaks of Legionnaires’ disease— North America, 2000–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:576–84. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6522e1>
  • CDC. Developing a water management program to reduce Legionella growth and spread in buildings: a practical guide to implementing industry standards. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/legionella/maintenance/wmp-toolkit.html>
  • US Environmental Protection Agency. National primary drinking water regulations. Long Term 1 Enhanced Surface Water Treatment Rule. 40 C.F.R. Parts 9, 141, and 142 (2002). <https://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2002-01-14/pdf/02-409.pdf>
  • Hlavsa MC, Roellig DM, Seabolt MH, et al. Using molecular characterization to support investigations of aquatic facility–associated outbreaks of cryptosporidiosis—Alabama, Arizona, and Ohio, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:493–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6619a2>
  • US Environmental Protection Agency. Drinking water health advisory for cyanobacterial toxins. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2015. <https://www.epa.gov/ground-water-and-drinking-water/recommendations-public-water-systems-manage-cyanotoxins-drinking>
  • Tostmann A, Bousema T, Oliver I. Investigation of outbreaks complicated by universal exposure. Emerg Infect Dis 2012;18:1717–22. <https://doi.org/10.3201/eid1811.111804>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ