一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)フェンタニル、フェンタニル類似体、U-47700に・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/03Vol. 66 / No. 43

MMWR66(43):1197-1202
Deaths Involving Fentanyl, Fentanyl Analogs, and U-47700 — 10 States, July–December 2016

フェンタニル、フェンタニル類似体、U-47700による死亡 ― 10州、2016年7月~12月

2016年、アメリカにおける薬物過量摂取による死亡例は60,000例を超え、合成オピオイド(メサドンを除く)による死亡例は2013年の3,105例から2016年には20,000例以上と約5倍増加している。今回、CDCのEnhanced State Opioid Overdose Surveillanceプログラムに参加する10州(メイン州、マサチューセッツ州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州、ニューメキシコ州、オハイオ州、オクラホマ州、ロードアイランド州、ウェストバージニア州、ウィスコンシン州)における2016年7~12月の薬物過量摂取死亡例のうち、フェンタニル、フェンタニル類似体(アセチルフェンタニル、フラニルフェンタニル、カルフェンタニルなど)およびU-47700陽性例について報告する。この期間、10州にて5,152名が薬物過量摂取により死亡し、うちフェンタニル陽性は56.3%、2,903例に認めた。フェンタニルによる死亡例は北東部の州(メイン州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ロードアイランド州)では60~90%、中西部および南部の州(オハイオ州、ウェストバージニア州、ウィスコンシン州)では30%~55%を占めており、ニューメキシコ州およびオクラホマ州では15~25%%と低かった。フェンタニル類似体による死亡例はメイン州(28.6%)、ニューハンプシャー州(12.2%)、オハイオ州(26.0%)、ウェストバージニア州(20.1%)にて高く、それ以外の州は10%未満であり、全体では14.0%(720例)であった[カルフェンタニル:389例(7.6%)、フラニルフェンタニル:182例(3.5%)、アセチルフェンタニル:147例(2.9%)、その他:74例(1.4%)]。U-47700による死亡例は40例(0.8%)であり、オハイオ州(15例)、ウェストバージニア州(7例)、ウィスコンシン州(5例)にて認めた。また、死亡例は男性が多く(フェンタニル:71.7%、類似体:72.2%、U-47700:80%)、年齢は25~44歳(それぞれ31.9%、30.6%、47.5%)、人種別では非ヒスパニック系白人(それぞれ81.3%、83.6%、90.0%)が多かった。また、フェンタニルによる死亡例の57.0%、類似体による死亡例の51.3%に他の違法薬物(コカイン、ヘロインなど)が同時に検出されていた。

References

  • Rudd RA, Aleshire N, Zibbell JE, Gladden RM. Increases in drug and opioid overdose deaths—United States, 2000–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;64:1378–82. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6450a3>
  • CDC. Provisional counts of drug overdose deaths, as of 8/6/2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/nchs/data/health_policy/monthly-drug-overdose-death-estimates.pdf>
  • O’Donnell JK, Gladden RM, Seth P. Trends in deaths involving heroin and synthetic opioids excluding methadone, and law enforcement drug product reports, by census region—United States, 2006–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:897–903. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6634a2>
  • Drug Enforcement Administration. 2017 national drug threat assessment summary. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2017. <https://www.dea.gov/docs/DIR-040-17_2017-NDTA.pdf>
  • Daniulaityte R, Juhascik MP, Strayer KE, et al. Overdose deaths related to fentanyl and its analogs—Ohio, January–February 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:904–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6634a3>
  • Massey J, Kilkenny M, Batdorf S, et al. Opioid overdose outbreak— West Virginia, August 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:975–80. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6637a3>
  • Drug Enforcement Administration, Diversion Control Division. National Forensic Laboratory Information System: 2016 annual report. Springfield, VA: Drug Enforcement Administration; 2017. <https://www.nflis.deadiversion.usdoj.gov/DesktopModules/ReportDownloads/Reports/NFLIS2016AR.pdf>
  • Suzuki J, El-Haddad S. A review: fentanyl and non-pharmaceutical fentanyls. Drug Alcohol Depend 2017;171:107–16. <https://doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2016.11.033>
  • Schueler H. Emerging synthetic fentanyl analogs. Acad Forensic Pathol 2017;7:36–40. <https://doi.org/10.23907/2017.004>
  • Drug Enforcement Administration. Intelligence brief: counterfeit prescription pills containing fentanyls: a global threat. July 2016. <https://www.dea.gov/docs/Counterfeit%20Prescription%20Pills.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ