一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ワクチン由来ポリオウイルスの最新情報 ― 全世界、・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/03Vol. 66 / No. 43

MMWR66(43):1185-1191
Update on Vaccine-Derived Polioviruses — Worldwide, January 2016–June 2017

ワクチン由来ポリオウイルスの最新情報 ― 全世界、2016年1月~2017年6月

2016年1月~2017年6月における経口ポリオワクチン(OPV)由来ポリオウイルス(VDPV)に関する最新情報の報告。この期間、循環型VDPV(cVDPV)が検出された国は前回(2015年1月~2016年5月)の7カ国から5カ国(コンゴ民主共和国、ラオス、ナイジェリア、パキスタン、シリア)に減少し、ラオス(1型:cVDPV1)を除きすべて2型(cVDPV2)であった。前回VDPVアウトブレイクが報告されたギニア、マダガスカル、ミャンマー、ウクライナ、パキスタンおよびナイジェリアでは追加症例は認めておらず、ナイジェリア、ラオスでは前回のアウトブレイクが継続している。新たなアウトブレイクはコンゴ民主共和国(cVDPV2、2件、6例と2例)、ナイジェリア(cVDPV2、1例)、パキスタン(cVDPV2、1例)、シリア(cVDPV2、35例)にて発生し、新しいcVDPV2アウトブレイクは世界的なtOPVからbOPVへの変更(2016年4月)以降に発生している。また、この期間におけるcVDPV症例48例中45例はcVDPV2によるものであった。免疫不全関連型VDPV(iVDPV)は11カ国(アルゼンチン、エジプト、インド、イラン、イラク、イスラエル、ナイジェリア、パキスタン、チュニジア、イギリス、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区)にて17例報告され、3例は3型(iVDPV3)、その他は2型であった。OPV導入後のiVDPV血清型は2型がもっとも多く(69%)、3型(14カ)、1型(12%)、ヘテロタイプ混合型(5%)であった。また、感染源不明患者由来のaVDPVsはこの期間11カ国(アフガニスタン、中国、コンゴ民主共和国、エジプト、インド、モザンビーク、ナイジェリア、パキスタン、ロシア、ソマリア、イエメン)にて検出され、もっとも変異したaVDPV(2.7%、 VP1変異)はコンゴ民主共和国のAFP患者から分離されている。

References

  • Morales M, Tangermann RH, Wassilak SG. Progress toward polio eradication—worldwide, 2015–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:470–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6518a4>
  • Burns CC, Diop OM, Sutter RW, Kew OM. Vaccine-derived polioviruses. J Infect Dis 2014;210(Suppl 1):S283–93. <https://doi.org/10.1093/infdis/jiu295>
  • Jorba J, Diop OM, Iber J, Sutter RW, Wassilak SG, Burns CC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2015–May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:763–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a3>
  • Hampton LM, Farrell M, Ramirez-Gonzalez A, et al.; Immunization Systems Management Group of the Global Polio Eradication Initiative. Cessation of trivalent oral poliovirus vaccine and introduction of inactivated poliovirus vaccine—worldwide, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:934–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6535a3>
  • Diop OM, Asghar H, Gavrilin E, et al. Virologic monitoring of poliovirus type 2 after oral poliovirus vaccine type 2 withdrawal in April 2016—worldwide, 2016–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:538–42. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6620a4>
  • Burns CC, Kilpatrick DR, Iber JC, Chen Q, Kew OM. Molecular properties of poliovirus isolates: nucleotide sequence analysis, typing by PCR and real-time RT-PCR. Methods Mol Biol 2016;1387:177–212. <https://doi.org/10.1007/978-1-4939-3292-4_9>
  • Etsano A, Damisa E, Shuaib F, et al. Environmental isolation of circulating vaccine-derived poliovirus after interruption of wild poliovirus transmission—Nigeria, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:770–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a4>
  • Cowger TL, Burns CC, Sharif S, et al. The role of supplementary environmental surveillance to complement acute flaccid paralysis surveillance for wild poliovirus in Pakistan—2011–2013. PLoS One 2017;12:e0180608. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0180608>
  • Maes EF, Diop OM, Jorba J, Chavan S, Tangermann RH, Wassilak SG. Surveillance systems to track progress toward polio eradication—worldwide, 2015–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:359–65. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6613a3>
  • Aghamohammadi A, Abolhassani H, Kutukculer N, et al.; JMF Centers Network Investigators and Study Collaborators. Patients with primary immunodeficiencies are a reservoir of poliovirus and a risk to polio eradication. Front Immunol 2017;8:685. <https://doi.org/10.3389/fimmu.2017.00685>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ