一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)全国的流行の終焉におけるエボラウイルス疾患に関する・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/20Vol. 66 / No. 41

MMWR66(41):1109-1115
Knowledge, Attitudes, and Practices Related to Ebola Virus Disease at the End of a National Epidemic — Guinea, August 2015

全国的流行の終焉におけるエボラウイルス疾患に関する知識、態度および行動 ― ギニア、2015年8月

2014~2016年のギニアにおけるエボラウイルス疾患(エボラ)の流行では症例数:3,814、死亡数:2,544と報告され、この流行のコントロールにエボラに関する知識、態度および行動(KAP)の改善が重要であった。2015年8月、18カ月間の流行が下火となったため、国内8都市(沿岸部:ボケ、コナクリ、キンディア、中央部:ラベ、マムー、上部:ファラナ、カンカン、森林部:ンゼレコレ)におけるエボラKAPについて調査が行われた。データ分析はアプローチした6,699名のうち6,237名(94%、3,137世帯)を対象として開始され、5,733名(91%)が完了した。エボラ対応チームとの遭遇率は流行が大きかった沿岸部(72%)、森林部(61%)にて高く、中央部(37%)、上部(47%)では低かった。エボラ感染のリスクが高いことの認識率は全体で15%、沿岸部で25%であったが、他は5~9%と低かった。エボラが感染例の体液または死体との接触により感染することの認識率はそれぞれ92%、87%と高かったが、49%は蚊が媒介すると誤った認識をもっていた。またほとんどすべての回答者(95%)がエボラ感染を回避する行動(よく手を洗う:93%、感染の可能性のある人との接触を避ける:44%、人混みを避ける:22%)を取っていた。親類に感染の疑いのある場合、治療センターへ送る人は91%と多く、エボラに感染しても生存し回復することの認識率は72%であったが、地域差を認めた(沿岸部:81%~上部:58%)。生存者に対する態度として、ハグや握手により感染するとの認識率は17%、生存者が営む店から生野菜は買わない、生存者をコミュニティーに歓迎しないとの回答はそれぞれ28%、19%であった。対照的に生存者がエボラコントロールに貢献しうるとの回答した人は91%であり、地域の人々に感染の予防や患者のケアについて教えることができる(それぞれ62%、37%)などの回答があった。家族がエボラにより死亡したと疑われる場合、死体を洗う、死体に触れるとの回答は3%であり、66%は安全な距離をとって葬儀を見守ると回答したが、これにも地域差を認めた(森林部:90%、上部:83%、沿岸部:65%、中央部:38%)。これらの調査結果は流行への対応や復旧作業の推進に役立つものと考える。

References

  • Bedrosian SR, Young CE, Smith LA, et al. Lessons of risk communication and health promotion—West Africa and United States. MMWR Suppl 2016;65(Suppl 3):68–74.
  • Agua-Agum J, Ariyarajah A, Aylward B, et al.; International Ebola Response Team. Exposure patterns driving Ebola transmission in West Africa: a retrospective observational study. PLoS Med 2016;13:e1002170. <https://doi.org/10.1371/journal.pmed.1002170>
  • Touré A, Traoré FA, Sako FB, et al. Knowledge, attitudes, and practices of health care workers on Ebola virus disease in Conakry, Guinea: a cross-sectional study. J Public Health Epidemiol 2016;8:12–6. <https://doi.org/10.5897/JPHE2015.0752>
  • Li W, Jalloh MF, Bunnell R, et al. Public confidence in the health care system 1 year after the start of the Ebola outbreak—Sierra Leone, July 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:538–42. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6521a3>
  • Kobayashi M, Beer KD, Bjork A, et al. Community knowledge, attitudes, and practices regarding Ebola virus disease—five counties, Liberia, September–October, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:714–8.
  • Iliyasu G, Ogoina D, Otu AA, et al. A multi-site knowledge attitude and practice survey of Ebola virus disease in Nigeria. PLoS One 2015;10:e0135955. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0135955>
  • Buli BG, Mayigane LN, Oketta JF, et al. Misconceptions about Ebola seriously affect the prevention efforts: KAP related to Ebola prevention and treatment in Kouroussa Prefecture, Guinea. Pan Afr Med J 2015;22(Suppl 1):11.
  • World Health Organization. Ebola situation report—July 29, 2015. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://apps.who.int/ebola/current-situation/ebola-situation-report-29-july-2015>
  • CDC. Flare-ups of Ebola since the control of the initial outbreak. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/vhf/ebola/pdf/cdcs-ongoing-work.pdf>
  • Fairhead J. Understanding social resistance to Ebola response in Guinea. Ebola Response Anthropology Platform; 2015. <http://www.ebola-anthropology.net/wp-content/uploads/2015/04/Fairhead-EbolaASRFinalSubmissionWeb.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ