一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)髄膜炎菌ワクチンの接種を受けたエクリズマブ(ソリリ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/07/14Vol. 66 / No. 27

MMWR66(27):734-737
High Risk for Invasive Meningococcal Disease Among Patients Receiving Eculizumab (Soliris) Despite Receipt of Meningococcal Vaccine

髄膜炎菌ワクチンの接種を受けたエクリズマブ(ソリリス)投与例における浸潤性髄膜炎菌性疾患のハイリスク

終末補体阻害薬エクリズマブ(ソリリス)の投与により髄膜炎菌性疾患の発症リスクが1,000~2,000倍高くなるため、エクリズマブを投与する場合は、その前に髄膜炎菌ワクチンを接種することが推奨されている。アメリカでは2008~2016年にて髄膜炎菌性疾患を発症したエクリズマブ投与例を16例確認している。うち11例は分類不能の髄膜炎菌によるものであった。また、14例は発症前に少なくとも1回、髄膜炎菌ワクチンの接種を受けていた。CDCによる調査の結果、16例の年齢中央値は30(16~83)歳、10例は発作性夜間ヘモグロビン尿症、5例は非典型溶血性尿毒症症候群、1例は他疾患に対しエクリズマブが投与されていた。全例に髄膜炎菌血症を認め、6例は髄膜炎を来した。入院期間は6.6(1~14)日間、1例が死亡した(致死率:6%)。また、14例の分離菌による抗菌薬感受性試験では、トリメトプリム・スルファメトキサゾール耐性を11例、シプロフロキサシン、ペニシリンの耐性を各1例に認めた。エクリズマブ投与例では髄膜炎菌性疾患のリスクはワクチン接種後も続くため、エクリズマブ投与中は予防的抗菌薬投与が推奨される。また、ワクチン接種、抗菌薬投与の有無にかかわらず、髄膜炎菌性疾患の症状を認める場合は早期の治療介入が重要である。

References

  • Food and Drug Administration. Alexion briefing information for the November 18, 2014, meeting of the Drug Safety and Risk Management Advisory Committee. <https://www.fda.gov/AdvisoryCommittees/CommitteesMeetingMaterials/Drugs/DrugSafetyandRiskManagementAdvisoryCommittee/ucm423029.htm>
  • Food and Drug Administration. Soliris product insert. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2017. <https://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2017/125166s417lbl.pdf>
  • CDC. Meningococcal ACIP recommendations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/vaccines/hcp/acip-recs/vacc-specific/mening.html>
  • Kretz CB, Retchless AC, Sidikou F, et al.; Niger Response Team. Whole-genome characterization of epidemic Neisseria meningitidis serogroup C and resurgence of serogroup W, Niger, 2015. Emerg Infect Dis 2016;22:1762–8. <https://doi.org/10.3201/eid2210.160468>
  • Cullinan N, Gorman KM, Riordan M, Waldron M, Goodship THJ, Awan A. Case report: Benefits and challenges of long-term eculizumab in atypical hemolytic uremic syndrome. Pediatrics 2015;135:e1506–9. <https://doi.org/10.1542/peds.2014-3503>
  • Konar M, Granoff DM. Eculizumab blocks vaccine-induced opsonophagocytic killing of meningococci by whole blood from immunized adults. Blood 2017; Epub ahead of print. <https://doi.org/10.1182/blood-2017-05-781450>
  • Caugant DA, Tzanakaki G, Kriz P. Lessons from meningococcal carriage studies. FEMS Microbiol Rev 2007;31:52–63. <https://doi.org/10.1111/j.1574-6976.2006.00052.x>
  • Haut Conseil de la santé publique. Avis: actualisation de l’avis relatif à l’antibioprophylaxie et la vaccination méningococcique des personnes traitées par eculizumab (Soliris 300 mg solution à diluer pour perfusion) [French]. Paris, France: Haut Conseil de la santé publique; 2017. <http://www.hcsp.fr/Explore.cgi/avisrapportsdomaine?clefr=447>
  • Harcourt BH, Anderson RD, Wu HM, et al. Population-based surveillance of Neisseria meningitidis antimicrobial resistance in the United States. Open Forum Infect Dis 2015;2:ofv117 10.1093/ofid/ofv117. <https://doi.org/10.1093/ofid/ofv117>
  • Parikh SR, Lucidarme J, Bingham C, et al. First report of meningococcal B vaccine failure in a young adult on long-term eculizumab. In: 20th International Pathogenic Neisseria Conference, 2016; Manchester, United Kingdom. <http://www.ipnc2016.org>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ