一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ジカウイルス感染に対する胎盤および胎児の組織検体の・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/23Vol. 66 / No. 24

MMWR66(24):636-643
Evaluation of Placental and Fetal Tissue Specimens for Zika Virus Infection — 50 States and District of Columbia, January–December, 2016

ジカウイルス感染に対する胎盤および胎児の組織検体の評価 ― 50州とワシントンDC、2016年1月~12月

妊娠中のジカウイルス感染は先天性の小頭症および脳異常の原因となり、臨床的および組織検体でのジカウイルスRNAの検出は最近のジカウイルス感染の決定的な臨床検査的エビデンスを提供する。ジカウイルス血症の期間は典型的に短期間であるのに対し、胎盤、胎児、新生児脳組織ではジカウイルスRNAが長期間検出されることが報告されており、最近でのジカウイルス感染の確認によって手掛かりとなる診療情報を提供できる。最近のガイドラインに従い、CDCは臨床的状況における胎盤および胎児組織のジカウイルス試験を実施し、この情報が診断的価値を高めるかを検討した。2016年中に50州およびワシントンDCからCDCに提出され、母体にジカウイルス曝露の可能性がある627例のホルマリン固定パラフィン包埋組織検体について、組織中のジカウイルスをRT-PCR法により試験した。546例の生児出生のうち、胎盤組織のジカウイルスがRT-PCR法で陽性であったのは60例(11%)で、最近の母体の非特定のフラビウイルス感染が38例/363例(10%)および母体のジカウイルスIgM陰性(血清採取時より12週以前にジカウイルスに曝露し、母体のジカウイルスIgM抗体が減弱した可能性)が9例/86例(10%)含まれた。最近の母体のジカウイルス曝露が確認された生児の胎盤組織の34例/47例(72%)、および新生児試験で先天性ジカウイルス感染症が確認された3例では全例で、ジカウイルスはRT-PCR法で陰性であった。81例の妊娠損失からの胎盤または胎児では、18例(22%)でジカウイルスはRT-PCR法で陽性で、最近の母体の非特定のフラビウイルス感染が4例/13例(31%)および母体のジカウイルスIgM陰性が2例/18例(11%)、母体の臨床検査なしが1例/16例(6%)含まれた。妊娠損失の組織において、RT-PCR法による陽性率は、妊娠初期(36%)と後期(29%)で中期(9%)よりも増加したが、臨床検体から確認された最近の母体のジカウイルス感染率は、妊娠初期(46%)で中期(14%)および後期(6%)よりも増加した。今回の分析のうち、生児30例でジカウイルスに関連した出生異常が報告され、16例(53%)では胎盤でのジカウイルスがRT-PCR法により陽性であったが、母体感染と先天性感染の判別はできず、このうち10例では母体の非特定のフラビウイルス感染があり、6例では母体のジカウイルスIgMは陰性であった。これらの結果から、組織検体のRT-PCR法によるジカウイルス試験は、最近の母体のジカウイルス感染の確定診断を提供すると思われる。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <https://doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Bhatnagar J, Rabeneck DB, Martines RB, et al. Zika virus RNA replication and persistence in brain and placental tissue. Emerg Infect Dis 2017;23:405–14. <https://doi.org/10.3201/eid2303.161499>
  • Russell K, Oliver SE, Lewis L, et al. Update: interim guidance for the evaluation and management of infants with possible congenital Zika virus infection—United States, August 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:870–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6533e2>
  • Oduyebo T, Igbinosa I, Petersen EE, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for pregnant women with possible Zika virus exposure—United States, July 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:739–44. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6529e1>
  • Rabe IB, Staples JE, Villanueva J, et al.; MTS. Interim guidance for interpretation of Zika virus antibody test results. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:543–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6521e1>
  • Honein MA, Dawson AL, Petersen EE, et al.; US Zika Pregnancy Registry Collaboration. Birth defects among fetuses and infants of US women with evidence of possible Zika virus infection during pregnancy. JAMA 2017;317:59–68. <https://doi.org/10.1001/jama.2016.19006>
  • Meaney-Delman D, Hills SL, Williams C, et al. Zika virus infection among U.S. pregnant travelers—August 2015–February 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:211–4. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6508e1>
  • Reynolds MR, Jones AM, Petersen EE, et al.; US Zika Pregnancy Registry Collaboration. Vital signs: update on Zika virus–associated birth defects and evaluation of all U.S. infants with congenital Zika virus exposure—U.S. Zika Pregnancy Registry, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:366–73. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6613e1>
  • Ritter JM, Martines RB, Zaki SR. Zika virus: pathology from the pandemic. Arch Pathol Lab Med 2017;141:49–59. <https://doi.org/10.5858/arpa.2016-0397-SA>
  • Martines RB, Bhatnagar J, de Oliveira Ramos AM, et al. Pathology of congenital Zika syndrome in Brazil: a case series. Lancet 2016;388:898–904. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(16)30883-2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ