一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)妊娠中のジカウイルス母体感染後の妊娠転帰 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/16Vol. 66 / No. 23

MMWR66(23):615-621
Pregnancy Outcomes After Maternal Zika Virus Infection During Pregnancy — U.S. Territories, January 1, 2016–April 25, 2017

妊娠中のジカウイルス母体感染後の妊娠転帰 ― アメリカ領、2016年1月1日~2017年4月25日

2016年1月1日~2017年5月24日の間に、アメリカ領(アメリカ領サモア、プエルトリコ、ヴァージン諸島、ミクロネシアおよびマーシャル諸島)にて報告されたジカウイルス感染母体における妊娠件数は3,930であり、うち2,549名(65%)が4月25日までに妊娠を完了した[出産:2,464(97%)、妊娠損失:85(3%)]。妊娠を完了した女性のうち、1,561名(61%)は妊娠中にジカウイルス感染症の徴候または症状を認め、966名(38%)は無症候性であり、22名(1%)は不明であった。母体の症状または検査の陽性が確認された時期は第1三半期が21%、第2三半期が43%、第3三半期が34%であった。ジカウイルス関連の先天性異常は全体で122名(5%)にて認められ(脳の異常および/または小頭症:108、その他:14)、発症率は5(4~6)%、母体の状態別では症候性が5(4~6)%、無症候性が4(3~6)%であり、発症を確認した時期は第1、2、3三半期にてそれぞれ6、5、4%であった。核酸試験(NAT)による確診例(1,508例)における先天性異常の発現率は5(4~7)%、症候性が5(4~6)%、無症候性が7(4~11)%であり、発症の確認時期は第1、2、3三半期にてそれぞれ8、5、4%であった。出生した新生児のうち、1,445名(59%)のジカウイルス検査結果が報告され、スクリーニング検査は1,288名(52%)が生後神経画像検査、1,945名(79%)が聴覚スクリーニング検査を受けていた。今回のデータより、妊娠中のジカウイルス感染は、いずれの時期の感染も先天性異常と関連することが示唆され、新生児の検査およびスクリーニングはジカウイルス感染児のモニタリングおよび治療を改善すると考えられる。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <https://doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Oduyebo T, Igbinosa I, Petersen EE, et al. Update: interim guidance for health care providers caring for pregnant women with possible Zika virus exposure—United States, July 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:739–44. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6529e1>
  • Simeone RM, Shapiro-Mendoza CK, Meaney-Delman D, et al.; Zika and Pregnancy Working Group. Possible Zika virus infection among pregnant women—United States and territories, May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:514–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6520e1>
  • Honein MA, Dawson AL, Petersen EE, et al.; US Zika Pregnancy Registry Collaboration. Birth defects among fetuses and infants of US women with evidence of possible Zika virus infection during pregnancy. JAMA 2017;317:59–68. <https://doi.org/10.1001/jama.2016.19006>
  • Reynolds MR, Jones AM, Petersen EE, et al.; U.S. Zika Pregnancy Registry Collaboration. Vital signs: update on Zika virus-associated birth defects and evaluation of all U.S. infants with congenital Zika virus exposure—U.S. Zika Pregnancy Registry, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:366–73. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6613e1>
  • Russell K, Oliver SE, Lewis L, et al.; Contributors. Update: interim guidance for the evaluation and management of infants with possible congenital Zika virus infection—United States, August 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:870–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6533e2>
  • Cuevas EL, Tong VT, Rozo N, et al. Preliminary report of microcephaly potentially associated with Zika virus infection during pregnancy— Colombia, January–November 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1409–13. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6549e1>
  • Pass RF, Fowler KB, Boppana SB, Britt WJ, Stagno S. Congenital cytomegalovirus infection following first trimester maternal infection: symptoms at birth and outcome. J Clin Virol 2006;35:216–20. <https://doi.org/10.1016/j.jcv.2005.09.015>
  • Cragan JD, Isenburg JL, Parker SE, et al.; National Birth Defects Prevention Network. Population-based microcephaly surveillance in the United States, 2009 to 2013: An analysis of potential sources of variation. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2016;106:972–82. <https://doi.org/10.1002/bdra.23587>
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:2536–43. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ