一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)8年生および11年生の喫煙者における初めてのたばこ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/16Vol. 66 / No. 23

MMWR66(23):604-606
Electronic Cigarettes as an Introductory Tobacco Product Among Eighth and 11th Grade Tobacco Users — Oregon, 2015

8年生および11年生の喫煙者における初めてのたばこ製品としての電子たばこ ― オレゴン州、2015年

オレゴン州の喫煙する若者において、電子たばこの初めての使用パターンをOregon Healthy Teens 2015の8年生および11年生のデータより分析した。2015年2~5月、8年生16,104名、11年生13,570名が回答、8年生では21.9%の生徒に喫煙歴があり、現喫煙者は12.3%、11年生は41.7%の生徒に喫煙歴があり、現喫煙者は23.7%であった。8年生の喫煙歴のある生徒の43.5%、現喫煙者の44.4%が初めて使用したたばこ製品は電子たばこであったと回答し、11年生では喫煙歴のある生徒の34.4%、現喫煙者の31.0%が電子たばこ、またそれぞれ29.6%、31.1%が紙巻きたばこを初めて使用したと回答した。紙巻きのたばこの使用歴のある生徒、現在紙巻きのたばこを使用している生徒では、紙巻きたばこを初めて使用した生徒が多く(8年生ではそれぞれ48.7%、53.9%、11年生ではそれぞれ52.6%、57.9%)、電子たばこを初めて使用した生徒は8年生が25.1%、22.2、11年生が17.7%、15.4%であった。また、現在、電子たばこと紙巻きたばこの両方を使用している生徒では、8年生の44.1%、11年生の57.1%が紙巻きたばこ、8年生の30.5%、11年生の15.4%が電子たばこを初めて使用したと回答した。以上、電子たばこはオレゴン州の喫煙歴のある生徒および現喫煙者において、初めて試したたばこ製品として使用率が高いことが示された。

References

  • Singh T, Arrazola RA, Corey CG, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:361–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6514a1>
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/preventing-youth-tobacco-use/index.html>
  • US Department of Health and Human Services. E-cigarette use among youth and young adults. A report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/e-cigarettes/index.htm>
  • Oregon Public Health Division. Tobacco fact sheet, 2014. Portland, OR: Oregon Health Authority, Tobacco Prevention and Education; 2014. <https://public.health.oregon.gov/PreventionWellness/TobaccoPrevention/Documents/countyfacts/OHA-Oregon-TobaccoFactSheet.pdf>
  • Kann L, McManus T, Harris WA, et al. Youth risk behavior surveillance—United States, 2015. MMWR Surveill Summ 2016;65.
  • Miech R, Patrick ME, O’Malley PM, Johnston LD. E-cigarette use as a predictor of cigarette smoking: results from a 1-year follow-up of a national sample of 12th grade students. <http://tobaccocontrol.bmj.com/content/early/2017/01/04/tobaccocontrol-2016-053291>
  • Ambrose BK, Day HR, Rostron B, et al. Flavored tobacco product use among US youth aged 12–17 years, 2013–2014. JAMA 2015;314:1871–3. <https://doi.org/10.1001/jama.2015.13802>
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/pdfs/2014/comprehensive.pdf>
  • Food and Drug Administration. Deeming tobacco products to be subject to the Federal Food, Drug, and Cosmetic Act, as amended by the Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act; restrictions on the sale and distribution of tobacco products and required warning statements for tobacco products. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2016. <https://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2016-05-10/pdf/2016-10685.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ