一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)出産した女性におけるC型肝炎ウイルス感染 ― テネ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/12Vol. 66 / No. 18

MMWR66(18):470-473
Hepatitis C Virus Infection Among Women Giving Birth — Tennessee and United States, 2009–2014

出産した女性におけるC型肝炎ウイルス感染 ― テネシー州とアメリカ、2009~2014年

C型肝炎ウイルス(HCV)は、アメリカの推定350万人が感染しており、国内では最も頻度の高い血液感染性疾患である。最近の監視データでは、HCV感染の発生率は、青年および主に白人の成人、非都市部の居住者、注射薬使用の既往のある集団で増加している。今回、アメリカの出生証明書のデータを使用して2009~2014年に出産した女性間のHCV感染率の傾向および地理的変動を分析した。また、テネシー州の出生証明書からのデータについて、HCV感染と関連する個人の特性および転帰を調査した。生児を出産した女性の妊娠におけるHCV関連の診断の調整されたオッズ比を多変量モデルにより算出した。2009~2014年では、出生証明書にHCVの記載ある州において、出産時にHCV感染があった妊婦の割合は生児を出生した1000人あたり1.8人から3.4人と89%増加した。2014年の感染率(生児出生1000人あたり)はウェストバージニア州の22.6人が最も高く、テネシー州では10.1人であった。テネシー州の出産の調整された分析では、HCV感染のオッズ比は地方の群に居住している女性で都市部に居住している女性よりも約3倍高かった。またHCV感染のリスクは、妊娠中に喫煙した女性、B型肝炎(HBV)感染の共存症のある女性で、それぞれ4.5倍および17倍上昇した。妊婦のHCV感染は、母体および子供の健康への脅威となりうる。出産適齢期にある女性でのHCV感染スクリーニングおよび諸サービスは、周産期のHCV感染を減少させる可能性がある。また、HCVに曝露した乳児のモニタリングは早期のHCV感染のおよび関連する肝疾患の発見に重要である。

References

  • Edlin BR, Eckhardt BJ, Shu MA, Holmberg SD, Swan T. Toward a more accurate estimate of the prevalence of hepatitis C in the United States. Hepatology 2015;62:1353–63. <https://doi.org/10.1002/hep.27978>
  • Koneru A, Nelson N, Hariri S, et al. Increased hepatitis C virus (HCV) detection in women of childbearing age and potential risk for vertical transmission—United States and Kentucky, 2011–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:705–10. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6528a2>
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. ACOG practice bulletin no. 86: viral hepatitis in pregnancy. Obstet Gynecol 2007;110:941–56. <https://doi.org/10.1097/01.AOG.0000263930.28382.2a>
  • Suryaprasad AG, White JZ, Xu F, et al. Emerging epidemic of hepatitis C virus infections among young nonurban persons who inject drugs in the United States, 2006–2012. Clin Infect Dis 2014;59:1411–9. <https://doi.org/10.1093/cid/ciu643>
  • Kuncio DE, Newbern EC, Johnson CC, Viner KM. Failure to test and identify perinatally infected children born to hepatitis C-positive women. Clin Infect Dis 2016;62:980–5. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw026>
  • Benova L, Mohamoud YA, Calvert C, Abu-Raddad LJ. Vertical transmission of hepatitis C virus: systematic review and meta-analysis. Clin Infect Dis 2014;59:765–73. <https://doi.org/10.1093/cid/ciu447>
  • American Academy of Pediatrics. Red book: 2012 report of the Committee on Infectious Diseases. 29th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2012
  • Patrick SW, Dudley J, Martin PR, et al. Prescription opioid epidemic and infant outcomes. Pediatrics 2015;135:842–50. <https://doi.org/10.1542/peds.2014-3299>
  • Zibbell JE, Iqbal K, Patel RC, et al. Increases in hepatitis C virus infection related to injection drug use among persons aged ≤30 years—Kentucky, Tennessee, Virginia, and West Virginia, 2006–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:453–8.
  • Conrad C, Bradley HM, Broz D, et al. Community outbreak of HIV infection linked to injection drug use of oxymorphone—Indiana, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:443–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ