一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)妊婦における破傷風、ジフテリア、非細胞百日咳ワクチ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/20Vol. 66 / No. 2

MMWR66(2):56-59
Coverage with Tetanus, Diphtheria, and Acellular Pertussis Vaccine and Influenza Vaccine Among Pregnant Women — Minnesota, March 2013–December 2014

妊婦における破傷風、ジフテリア、非細胞百日咳ワクチンとインフルエンザワクチンの接種率 ― ミネソタ州、2013年3月~2014年12月

乳児では、百日咳およびインフルエンザ感染は重症疾患を招く可能性があり、ジフテリア、破傷風、非細胞百日咳ワクチン(DTaP)ワクチンは生後2カ月から、インフルエンザワクチンは生後6カ月以降の乳児に推奨されている。妊婦のワクチン接種は胎盤を超えて胎児へ移行する抗体産生を誘導し、DTaPおよびインフルエンザワクチン接種が可能な年齢になるまでの受動的予防を提供する。ワクチン接種の年齢に満たない年少乳児を守るために、Advisory Committee on Immunization Practicesはインフルエンザシーズン中に妊娠中または妊娠する可能性のあるすべての女性に2004年から不活化インフルエンザワクチンの接種を推奨し、2013年からは全ての妊婦に破傷風、ジフテリア、非細胞百日咳(Tdap)ワクチンの接種を推奨している。2013年3月2日~2014年12月31日にミネソタ州で出産した女性間のTdapおよびインフルエンザワクチン接種率を調査するために、母親の人口学的特性、妊婦健診データ、出産費用の支払い方法を含む生体記録を、Minnesota Immunization Information Connectionからのワクチン接種データと適合させた。該当期間で生体記録が利用可能な生児出生(127,073例)のうち、113,730例(89.5%)がMICC記録と適合した。これらの女性のうち、妊娠期間中に1回以上のTdapワクチンおよびインフルエンザワクチンを接種したのは、それぞれ66,222例(58.2%)および52,248例(45.9%)であった。Tdapワクチンを接種した妊婦のうち、推奨期間(妊娠27~36週)中に接種したのは86.4%であった。Tdapおよびインフルエンザワクチン接種率は、不十分または中程度の妊婦健診を受けた妊婦、黒人およびアメリカ先住民の妊婦、アフリカ(特にソマリア)、東ヨーロッパ、西ヨーロッパ、カナダ生まれの妊婦、高校卒業未満の学歴の妊婦、医療扶助受給または保険未加入の妊婦において、それぞれ適切な妊婦検診、白人、アメリカ生まれ、高学歴、私保険加入の妊婦と比べ低下した。母体のワクチン接種率の格差に取り組むために、妊婦健診を改善するとともに、少数民族、貧困、非アメリカ生まれの女性間の医療格差を減少させる手法が必要とされている。

References

  • Harper SA, Fukuda K, Uyeki TM, Cox NJ, Bridges CB; Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). Prevention and control of influenza. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2005;54(No. RR-8).
  • Committee on Obstetric Practice and Immunization Expert Work Group; CDC’s Advisory Committee on Immunization, United States; American College of Obstetricians and Gynecologists. Committee opinion no. 608: influenza vaccination during pregnancy. Obstet Gynecol 2014;124:648–51. <http://dx.doi.org/10.1097/01.AOG.0000453599.11566.11>
  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid, and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP); 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:131–5.
  • Kotelchuck M. An evaluation of the Kessner adequacy of prenatal care index and a proposed adequacy of prenatal care utilization index. Am J Public Health 1994;84:1414–20. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.84.9.1414>
  • Office of Disease Prevention and Health Promotion. Immunization and infectious diseases—Healthy People 2020 topics and objectives. Washington DC: US Department of Health and Human Services, Office of Disease Prevention and Health Promotion; 2017. <http://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/immunization-and-infectious-diseases/objectives>
  • Patten S, Vollman AR, Manning SD, Mucenski M, Vidakovich J, Davies HD. Vaccination for Group B streptococcus during pregnancy: attitudes and concerns of women and health care providers. Soc Sci Med 2006;63:347–58. <http://dx.doi.org/10.1016/j.socscimed.2005.11.044>
  • Goldfarb I, Panda B, Wylie B, Riley L. Uptake of influenza vaccine in pregnant women during the 2009 H1N1 influenza pandemic. Am J Obstet Gynecol 2011;204(Suppl 1):S112–5. <http://dx.doi.org/10.1016/j.ajog.2011.01.007>
  • Ding H, Black CL, Ball S, et al. Influenza vaccination coverage among pregnant women—United States, 2014–15 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1000–5. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6436a2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ