一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)全年齢における先天性欠損症に関連する入院患者の入院・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/20Vol. 66 / No. 2

MMWR66(2):41-46
Inpatient Hospitalization Costs Associated with Birth Defects Among Persons of All Ages — United States, 2013

全年齢における先天性欠損症に関連する入院患者の入院費用 ― アメリカ、2013年

アメリカでは、先天性欠損症は生産児の約3%にみられ、新生児死亡の20%に関連している。CDCは、Healthcare Cost and Utilization Project 2013 National Inpatient Sampleのデータから一般病院を2013年1月1日~12月31日に退院し、退院時診断コードに先天性欠損症が含まれた患者の入院費用について全年齢および年齢層別に解析した。2013年、先天性欠損症に関連した入院は総入院数の3.0%であり、入院費は229億ドルと総入院費の5.4%を占めた。年齢層別では1歳未満児が89億ドルで最も高く、1歳未満児における総入院費の35.0%を占めた。先天性疾患症関連の入院費の中央値は1才未満児が2,126ドルと最も低く、65歳以上(13,270ドル)が最も高かった。部位別では、心血管系の欠損症が14.0%と最も多く、総入院費は61億ドルと先天性欠損症関連入院費の26.6%を占めた。次いで中枢神経系の欠損症が6.2%と多く、費用は17億ドルであった。入院費の中央値は大動脈弓離断症(中央値:76,109ドル)が最も高かった。先天性欠損症を主要な診断コードとする入院は、関連入院全体の11.8%、費用は50億ドル(関連入院の22.0%)であった一方、先天性欠損症関連入院から早産を除く入院の費用は189億ドルであり、関連入院全体の入院費の82.3%であった。先天性欠損症は生涯にわたって健康に影響を及ぼすが、主要診断コードのみの集計では先天性欠損症の重要性が十分に評価されない。先天性欠損症に関連する費用の評価から、その重要性を認識し、予防と早期診断、治療につなげることが重要である。

References

  • CDC. Update on overall prevalence of major birth defects—Atlanta, Georgia, 1978–2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:1–5.
  • Xu J, Kochanek KD, Murphy SL, Arias E. Mortality in the United States, 2012. NCHS Data Brief 2014;168:1–8.
  • Agency for Healthcare Research and Quality. Introduction to the HCUP National Inpatient Sample (NIS) 2013. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Agency for Healthcare Research and Quality; 2015. <https://www.hcup-us.ahrq.gov/db/nation/nis/NISIntroduction2013.pdf>
  • National Birth Defects Prevention Network. Appendix 3.1. Birth defects descriptions for NBDPN core, recommended, and extended conditions. In: Botto L, Carey J, Cassel C, et al., eds. Guidelines for conducting birth defects surveillance. Atlanta, GA: National Birth Defects Prevention Network; 2015.
  • Agency for Healthcare Research and Quality. Cost-to-charge ratio files: 2013 National Inpatient Sample (NIS) user guide. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Agency for Healthcare Research and Quality; 2015. <https://www.hcup-us.ahrq.gov/db/state/CCR2013NISUserGuide.pdf>
  • Peterson C, Xu L, Florence C, Grosse SD, Annest JL. Professional fee ratios for US hospital discharge data. Med Care 2015;53:840–9. <http://dx.doi.org/10.1097/MLR.0000000000000410>
  • Russo CA, Elixhauser A. Hospitalizations for birth defects, 2004: statistical brief #24. Healthcare Cost and Utilization Project (HCUP) statistical briefs. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Agency for Healthcare Research and Quality; 2006.
  • The National Center for Health Statistics. ICD-9-CM official guidelines for coding and reporting. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, The National Center for Health Statistics; 2011. <https://www.cdc.gov/nchs/data/icd/icd9cm_guidelines_2011.pdf>
  • Institute of Medicine Committee on Understanding Premature Birth and Assuring Healthy Outcomes. The National Academies collection: reports funded by National Institutes of Health. In: Behrman RE, Butler AS, eds. Preterm birth: causes, consequences, and prevention. Washington, DC: National Academies Press, National Academy of Sciences; 2007.
  • Dolan SM, Gross SJ, Merkatz IR, et al. The contribution of birth defects to preterm birth and low birth weight. Obstet Gynecol 2007;110:318–24. <http://dx.doi.org/10.1097/01.AOG.0000275264.78506.63>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ