一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)食料および住居の安心に関する理解度 ― 15地区、・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/13Vol. 66 / No. 1

MMWR66(1):12-15
Prevalence of Perceived Food and Housing Security — 15 States, 2013

食料および住居の安心に関する理解度 ― 15地区、2013年

2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemにて14州(アーカンソー州、カリフォルニア州、コネチカット州、ジョージア州、アイオワ州、カンザス州、ルイジアナ州、メイン州、ミネソタ州、ネブラスカ州、ネバダ州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州、バージニア州) とワシントンDCの15地区を対象に食料および住居の安心に関する質問を追加した。回答率は35.2%~54.3%(中央値:46.5%)であり、食料の安心に関しては95,665名が「過去12カ月以内に十分に栄養のある食事を購入するお金に関して不安やストレスをどのくらいの頻度で感じたか」に対して回答、そのうち「一度もない/ほとんどない」との回答は68.5%(アーカンソー州)~82.4%(ミネソタ州)であった。人種/民族別では白人:81.8%(95%CI=81.2~82.4%)、黒人:68.5%(同66.3~70.7%)、ヒスパニック:64.6%(同62.5~66.7%)であり、学歴別では大学4年間以上:89.0%(同88.3~89.7%)、高卒/大学4年未満:75.7%(同74.8~76.6%)、高卒未満:59.9%(同57.5~62.1%)であった。また、住居の安心に関しては90,291名が「過去12カ月以内に家賃や住宅ローンの支払いに関して不安やストレスをどのくらいの頻度で感じたか」に対して回答、そのうち「一度もない/ほとんどない」との回答は59.9%(アーカンソー州)~72.8%(アイオワ州)であった。人種/民族別、学歴別では食料と同様、白人(71.6%、同70.9~72.3%)および大学4年間以上の学歴(78.6%、同77.5~79.6%)にて高く、ヒスパニック系(52.7%、同50.4~58.7%)および高卒未満(48.2%、同45.7~50.7%)にて低かった。これら食料および住居の安心に関してはすべての人種において学歴による格差が認められたが、大学4年間以上の学歴をもつ人の約1/5は家賃や住宅ローンの支払いに不安やストレスがあると回答していた。

References

  • World Health Organization Regional Office for Europe. Closing the gap in a generation: health equity through action on the social determinants of health. Final report of the Commission on the Social Determinants of Health. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008.
  • National Expert Panel on Social Determinants of Health Equity. Report of the National Expert Panel on Social Determinants of Health Equity: recommendations for advancing efforts to achieve health equity. Atlanta, GA: National Expert Panel on Social Determinants of Health Equity; 2009.
  • Office of the Surgeon General. National prevention council action plan: implementing the national prevention strategy. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2012.<https://www.surgeongeneral.gov/priorities/prevention/2012-npc-action-plan.pdf.>
  • Braveman PA, Cubbin C, Egerter S, et al. Socioeconomic status in health research: one size does not fit all. JAMA 2005;294:2879–88. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.294.22.2879>
  • Shavers VL. Measurement of socioeconomic status in health disparities research. J Natl Med Assoc 2007;99:1013–23.
  • Economic Research Service. Food security in the United States: data access to the current population survey food security supplement (used by USDA to monitor food security). Washington, DC: US Department of Agriculture, Economic Research Service; 2016. <https://www.ers.usda.gov/data-products/food-security-in-the-united-states>
  • Marmot M. Social determinants of health inequalities. Lancet 2005;365:1099–104. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(05)74234-3>
  • Frieden TR. A framework for public health action: the health impact pyramid. Am J Public Health 2010;100:590–5. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2009.185652>
  • Lindsay S, Lambert J, Penn T, et al. Monetary matched incentives to encourage the purchase of fresh fruits and vegetables at farmers markets in underserved communities. Prev Chronic Dis 2013;10:E188. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd10.130124>
  • Office of Disease Prevention and Health Promotion. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of Disease Prevention and Health Promotion; 2016. <http://www.healthypeople.gov/2020/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ